角館・田沢湖の観光・旅行ガイド

角館・田沢湖エリアのおすすめご当地情報をご紹介。角館・田沢湖エリアには八坂神社、白糸の滝、田沢湖などの観光スポット、田沢湖マラソン、角館のお祭り、全国花火競技大会などの観光イベント、稲庭うどん、きりたんぽ、いぶりがっこなどのご当地グルメがあります。

田沢湖は秋田県仙北市にある湖で、日本で最も深い湖です。全域が田沢湖県立自然公園に指定されていて、日本百景にも選ばれている観光向けの景勝地です。田沢湖は深い水深のため真冬でも湖面が凍り付くこ
とはなく、深い湖水に差し込む太陽光が水深に応じて湖水を明るい翡翠色から濃い藍色にまで彩るので、別名日本のバイカル湖と呼ばれています。

田沢湖とその周辺での観光スポットには、伝説の辰子姫を祀る御座石神社があります。その境内には龍の姿をした辰子像のある本殿があり、湖畔を一周する道路を挟んで朱色の鳥居が立っています。など、この神社は不老長寿の御利益があると言われています。湖畔に輝く田沢湖のシンボルはたつこ像です。舟越保武の作になるこの像は瑠璃色の湖面とともに神秘的な雰囲気を醸しだしていて、ここからの田沢湖の眺めは、まさにおすすめの絶景と言えます。

角館は秋田県仙北市の地名で、国の重要伝統的建造物群保存地区の名称でもあります。現在でも藩政時代の地割がそのまま残されていて、武家屋敷などが数多く残されており、毎年多くの観光客が訪れる、東北でも有数の観光地として知られ、その風情はみちのくの小京都とも呼ばれています。

武家屋敷石黒家は、角館で最も古い武家屋敷で、門に文化6年と書かれた棟札が目につきます。母屋の座敷に上がれるのもここだけで、部屋の特徴や当時の生活様式を肌で実感することができます。なお、樹齢300年の樅の木がある庭園も見事な景色です。武家屋敷通りには6戸の武家屋敷が残っています。この武家屋敷が集まっている町の中心部から国道46号までの区間が武家屋敷通りと呼ばれて、藩政時代の情緒を今に残しています。

大曲市は、平成17年に周辺の町村と合併して大仙市となった市で、大仙市の観光スポットは、横沢公園です。この公園は太田スポーツパークの中心に位置する広大な緑地帯で、春には広い池の周りに、世界各地の65種、なんと26,000株のスイセンが咲き乱れ、訪れる人を楽しませます。また、東山ふれあいの森は大自然を有効活用して森の恵みを満喫できる大きなレクリエーションの場で、自然を観察し体験し、散策、することができます。
…もっと見る

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    


  • 所要時間目安
    料金(税抜)    

ホテル・旅館

PAGE TOP