新庄の観光・旅行ガイド

新庄エリアのおすすめご当地情報をご紹介。新庄エリアには白糸の滝、赤倉温泉、光明寺などの観光スポット、花火大会、新庄まつり、新庄雪まつりなどの観光イベント、そば、粕汁、漬物などのご当地グルメがあります。

新庄市は山形県の北東に位置する市で、かつては羽州街道の宿場町でした。さらに市の南部の本合海集落は最上川水運の主要積出港でした。山形新幹線の終着駅である新庄駅があり、最上地方の中心都市としての役割を担っています。エコ活動にも積極的な市で、
最上地方の自然と人間の共生を主題に最上エコポリス構想が推進されていることでも知られています。さらに、岩手県の遠野市と相並んで東北地方で随一の民話の宝庫としても知られていて、多くの語り部による民話の伝承や記録が盛んで、毎年みちのく民話まつりが開催されています。

新庄市での観光は、新庄城址・最上公園で、寛永2年に時の新庄藩祖戸沢政盛が築いた新庄城です。最上公園は市民の憩いの場でもあり、観光のスポットでもあり、春には桜が咲き誇り、春まつりやカド焼きまつりでは、大勢の花見客で賑わいを見せます。あじさいの杜 あじさいのもりは市の花あじさいの名所で、新庄市の花となっているあじさいが34種類45,000株もあり、7月上旬が見頃です。交通公園のSLと桜も家族での観光には良く、桜が周囲にきれいに咲き、子供達に人気のSLが桜ととてもよくマッチします。

最上川は、山形県を流れる一級河川最上川水系の本川で、流路延長の229kmの流域面積は山形県の面積の約75%にあたる、日本三大急流の一つです。最上峡は最上川にある峡谷で、最上川県立自然公園の中心になっており、新緑や紅葉の時期の観光は最高です。なお、最上峡では観光船が周遊しており、山肌が川岸まで押し迫る光景は圧巻です。

白糸の滝は草薙温泉の対岸にある日本の滝百選の一つで、最上川にある48の滝の中でも最大で、落差は120mもあります。

最上川は民謡の最上音頭で知られていて、一度はその雄大かつ急な流れを見たいという観光客が多く、その意味では新庄市へのアクセスがどこからでも比較的容易ですから、山形県の観光の旅をする時には、このルートは外せないでしょう。
…もっと見る

新庄の新着記事

エリアごとの人気スポットは…?

新着投稿PHOTO

PAGE TOP