宇都宮の観光・旅行ガイド

宇都宮のおすすめご当地情報をご紹介。宇都宮には宇都宮動物園、今宮神社、羽黒山などの観光スポット、天王祭、泣き相撲、消防出初式などの観光イベント、宇都宮餃子、けんちん汁、しもつかれなどのご当地グルメがあります。

宇都宮市は関東地方の北部にあります。栃木県の中部に立地する市で県庁所在地であり、中核市に指定されています。市の西部で採掘される大谷石は有名で、帝国ホテル建設などに使われたことをはじめ、関東地方では各地の建造物の建材として広く使わ
れています。最近では餃子の街としても有名で、餃子がお目当ての観光客数が増えています。また、カクテルやジャズなどをテーマの地域おこしも進められています。一方で、宇都宮市は中核市を中心とする都市圏としては日本国内最大規模であり、市の東部に大規模な内陸型工業団地が開発され、昭和59年に関東地方では唯一のテクノポリスに地域指定され、工業都市としての顔もあります。

宇都宮市の観光で見ておきたいのが、平和観音です。大谷石の採掘場跡にある高さ27mの観音像です。世界平和を祈って昭和29年に完成し、その穏やかな表情が何とも言えず心を和ませてくれます。像の胸の部分には周辺を一望できる展望台もあります。

二荒山神社は宇都宮の代名詞的な存在です。宇都宮市は二荒山神社の門前町として栄えてきました。源頼朝、義経など武将が厚く信仰したと由緒ある神社で、下野國一の宮として、宇都宮の語源にもなっています。とちのきファミリーランドは、市の南部に位置するファミリー向けの遊園地です。遊園地には定番の大観覧車やメリーゴーランドのほかに、日本でここにしかない、はやぶさ型ジェットコースターが観光の目玉です。

鹿沼市は関東の北部、栃木県の中部にある市で、サツキや鹿沼土の産地として有名です。5月には鹿沼さつき祭りが開催され、黒川河川敷では花火大会が開催されます。秋祭りも見もので、彫刻の入った屋台が町を練り歩きます。

鹿沼市の観光では、今宮神社を訪れたいところです。今宮神社は日光二荒山神社の三神を御所森に分祀したのが始まりです。本殿や唐門に施された彫刻が見もので、10月の体育の日前にあたる土・日曜に行われる鹿沼秋祭りは国指定重要無形文化財になっています。屋台のまち中央公園は、観光物産館と彫刻屋台展示館、掬翠園で構成され、メインの彫刻屋台展示館では、鹿沼の秋祭りに使われる彫刻屋台を展示されています。
…もっと見る

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    


  • 所要時間目安
    料金(税抜)    

ホテル・旅館

PAGE TOP