富岡・下仁田の観光・旅行ガイド

富岡・下仁田エリアのおすすめご当地情報をご紹介。富岡・下仁田エリアには群馬サファリパーク、東福寺、富岡製糸場などの観光スポット、鬼子母神、ふるさと祭り、どんどん焼きなどの観光イベント、こんにゃく、ソースカツ丼、地酒などのご当地グルメがあります。

富岡と下仁田は群馬県の南西部に位置しており、1872年には富岡製糸工場が創業して、製糸産業が盛んに行われたことで知られています。富岡と下仁田の境界には上毛三山のひとつである妙義山があり、ロウソ
ク岩、大砲岩、筆頭岩などの奇岩が見られます。その尖った荒々しい様は噴火によるもので、その景観は日本百景に選ばれるほどです。下仁田には日本で最初の様式牧場である神津牧場があり、希少な資源が眠っているため日本ジオパークにも選定されています。

下仁田には他のネギよりも太く、過熱することで甘味が増す下仁田ネギが特産品です。すき焼きや天ぷらなど、さまざまな食べ方があります。その他に下仁田カツ丼と呼ばれる独自のカツ丼があります。卵でとじたものが一般的なものですが、下仁田カツ丼は醤油ダレで味付けされたカツが乗せられたシンプルなカツ丼です。また、富岡と下仁田ではコンニャクが特産品で、コンニャクをフライにしたコンカツという料理もあり、ヘルシーかつ新しい食感で人気となっています。

1987年まで115年間稼働していた富岡製糸場は、事務所、外国人宿舎などレンガ造りの建物が現在もその姿を残しています。2006年には国の重要文化財に指定され、建物内は予約をすることで見学ができます。現在は富岡製糸場と絹業文化遺産を世界遺産に登録する取り組みも行われています。富岡製糸場の最寄り駅は上州富岡駅で、高崎駅では往復の乗車券と富岡製糸場の入場券がセットになった割引券が販売されています。

下仁田には荒船の湯があり、効能は神経痛や消化器病、冷え性、筋肉痛などです。大自然とゆったりとした時の流れを感じられる秘湯で、全国から観光客が集まります。国道254号を佐久市方面に進むとサンスポーツランド下仁田があり、テニスやソフトボール、ゲートボールなどを楽しむことができます。妙義山の南面山麓にはさくらの里が広がっており、5,000本もの桜が植えられています。開花シーズンである4月中旬から5月中旬は、さまざまなイベントが開催されています。
…もっと見る

富岡・下仁田の新着記事

いますぐ予約できる!富岡・下仁田で人気のプラン

ほかにも!富岡・下仁田で人気の体験・アクティビティ

エリアごとの人気スポットは…?

新着投稿PHOTO

PAGE TOP