熊谷・深谷・行田の観光・旅行ガイド

熊谷・深谷・行田エリアのおすすめご当地情報をご紹介。熊谷・深谷・行田エリアには大沼公園、少林寺、一乗寺などの観光スポット、酉の市、田んぼアート、熊谷花火大会などの観光イベント、五家宝、十万石まんじゅう、すったてなどのご当地グルメがあります。

深谷は埼玉県の北部にあり、利根川と荒川に挟まれた地形で、年間を通して晴天の日が続くエリアです。深谷ネギやチューリップの栽培など農業が主な産業となっています。また、江戸時代から宿場町として栄えていた
ため、上柴ニュータウンや大型ショッピングセンターなどが建設されています。熊谷は埼玉県北部の特例市で、岐阜県多治見市と並ぶ猛暑地です。これは東京都のヒートアイランド現象と、フェーン現象が原因です。行田は利根川を境に群馬県と隣接しています。

深谷を代表する郷土料理は煮ぼうとうで、幅の広い麺と深谷ネギを始めとする地元で採れた野菜を煮込んだ、トロミのあるしょうゆ味の鍋料理です。これは小麦粉が手に入りやすかったことから生まれました。深谷には煮ぼうとうの店が並び、特に冬場に食べたい料理です。行田では戦前から食べられているフライというおやつがあります。フライとは小麦粉とネギ、豚肉を混ぜてフライパンで焼いたもので、行田には30件のフライ屋があります。ジャガイモやおからを小判型にして油で揚げたゼリーフライも有名です。衣のないコロッケのようなもので、おやつとして愛されています。

深谷では7月には深谷七夕まつりが開催され、願いが込められた竹飾りが並び、レンガ倉庫ではライブが行われます。深谷まつりもあり、花こいソーランや山車の引き回しがあります。また、山車が熊谷の市街地を練り歩く熊谷うちわ祭りは、関東一の祇園と呼ばれています。うちわが配られることから、熊谷うちわ祭りという名前となりました。8月に開催される熊谷花火大会は、埼玉県最大級の花火大会です。

熊谷の荒川北岸の堤防には熊谷桜堤があり、500本の桜が植えられています。シーズン中は見事な花を咲かせ、日本さくら名所100選にも選ばれています。行田には江戸時代に築城された忍城があり、関東七名城のひとつです。深谷には100基以上の古墳で構成された鹿島古墳群があり、埼玉県の史跡に指定されました。
…もっと見る

熊谷・深谷・行田の新着記事

いますぐ予約できる!熊谷・深谷・行田で人気のプラン

ほかにも!熊谷・深谷・行田で人気の体験・アクティビティ

エリアごとの人気スポットは…?

新着投稿PHOTO

PAGE TOP