敦賀・小浜・若狭の観光・旅行ガイド

敦賀・小浜・若狭エリアのおすすめご当地情報をご紹介。敦賀・小浜・若狭エリアには国分寺、岡崎、中山寺などの観光スポット、祇園祭り、地蔵盆、相撲甚句などの観光イベント、油揚げ、へしこ、羽二重餅などのご当地グルメがあります。

敦賀・小浜・若狭エリアは、いずれも海辺に面したエリアで、国道162号線沿いに沿って移動が可能なエリアです。国道162号線を南下すると山間部を抜けて京都市内へ、東に行くと北陸道に接続され北に加賀方面へ、南に滋賀方面を抜け
名神高速に繋がります。この国道162号は緩やかなアップダウンが心地よく、エリア全般に海が見え渋滞もないので、快適にドライブが出来るコースになっています。

敦賀といえば、福利厚生が手厚いせいか、住人は温厚な方が多く、旅の疲れも癒されるおもてなしのあるエリアです。敦賀といえば海の幸ですが、「日本海さかな街」では、非常に多くの新鮮な魚介類が、港から活きたまま輸送され「あじの浜焼き」を始め「セイコガニ」や国産カニの王様「ズワイガニ」も堪能でき、とにかく毎日大賑わいの様相を呈しています。とにかく魚屋さんの多さには圧倒され、その場で新鮮な魚介類が食べられる「海鮮丼」や「お刺身定食」、寿司では「のど黒」「マンボウ」といった他では食べられないネタが楽しめます。持ち帰りも対応していますので、一度は足を運ばなければ後悔すること間違いなしです。

敦賀を西に進むと、国道から三方五湖の分岐場所に差し掛かりますが、ここでは「三方五湖有料道路」、俗称「レインボーロード」への立ち寄りをお勧めします。特に夕方太陽の沈む時間にこの有料道路を走ると、海に沈む太陽を見ることが出来、非常に美しい幻想的な風景を目にする事が出来ます。途中にあるこのエリアの名産である、「梅干」もお土産に考えると良いでしょう。

国道27号線に合流し、更に西に海沿いを走ると漁師の街、小浜に到着です。小浜は海産品が目に付きますが、実は意外と名勝・史跡・旧跡の多いエリアです。京極氏の菩提寺である「空印寺」や、「文の菅原道真」と並んで、「武の坂上田村麻呂」が創建したと言われる「明通寺」、日本三大薬師寺の1つである「多田寺」など、非常に多くの文化財がたたずむエリアだと言えます。もちろん海鮮のお食事処で出る魚介類はどこも新鮮で、グルメのエリアであることは言うまでもありません。できれば冬にカニを狙って訪れてみたいものです。
…もっと見る

敦賀・小浜・若狭の新着記事

エリアごとの人気スポットは…?

新着投稿PHOTO

PAGE TOP