長野県の観光・旅行ガイド

日本アルプスの山岳に囲まれた長野県は「神が降りる地」と呼ばれるほど美しい上高地に代表される自然の宝庫。槍ヶ岳や霧ヶ峰など四季折々の表情を見せる名峰に加え、山々に抱かれた温泉地も多く、白骨温泉、湯田中温泉、渋温泉、野沢温泉といった名高い温泉地が点在しています。また、長野市には「一生に一度は善光寺詣り」とうたわれた善光寺があり、松本市には国宝松本城が鎮座しています。おやき、そばといった素朴な郷土料理が多いのも特徴的です。

上高地

上高地/提供:信州・長野県観光協会

定番の観光スポットや編集部のおすすめ

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    
  • 所要時間目安
    料金(税込)    

長野県の観光の前に知っておきたいこと

日本アルプスに囲まれた長野県は、「神が降りる地」で有名な上高地に代表される美しい自然があります。槍ヶ岳や霧ヶ峰など四季折々の表情を見せる名峰に加え、山々に抱かれた温泉地も多く、白骨温泉、上諏訪温泉、湯田中温泉、渋温泉、野沢温泉などの名高い温泉地が点在します。渋温泉の近くにある地獄谷野猿公苑では温泉に浸かる猿を見ることも!
長野・松本エリアには「一生に一度は善光寺詣り」とうたわれた善光寺や国宝松本城があり、諏訪・塩尻エリアに足を伸ばせば、諏訪大社や奈良井宿といった歴史と風情あるスポットを巡ることができます。
木曽エリアにある千畳敷カールは、星が降らんばかりの星空観賞スポットとして近年注目を浴びています。県東部の軽井沢・小諸エリアには、旧軽井沢駅舎、旧三笠ホテルなど、かつての富裕層が避暑地として作り上げたモダンな街並みが広がり、夏場のサイクリングや野鳥の森散策などゆったりとした時間を過ごすことができます。また、県北部は厳寒・豪雪地として知られており冬場の観光にはしっかりとした防寒対策が必要です。

上高地

上高地/提供:信州・長野県観光協会

長野県の歴史

長野県は全都道府県の中で4番目に面積が大きく、北部・中部・南部・東部エリアによって少し異なった歴史を歩んできた過去があります。
善光寺の門前町で賑わった北部は新潟や群馬地方の影響が強く、東部は東京や埼玉地方の影響を強く受けています。また、南部はその昔、名古屋を中心とした尾張藩に属していたこともあり、東海地方の文化が根付いています。その中でも中部は、中山道や甲州街道、千国街道などが交差する地として様々な文化を吸収していきました。
現在の県域が確定したのは1876年の長野県設置によるものですが、昔から農耕面積に乏しかった長野県には勤勉でまじめな人が多いと言われており、自身の健康への管理意識も高く、現在では日本一の長寿県としても知られています。

善光寺本堂

善光寺本堂/写真提供:善光寺

長野県のご当地グルメ・食文化・特産品

全域的に気温の寒暖差を生かしたそばの生産が盛んで、信州そばとして各所で食べることができます。特に戸隠エリアには優れたそば職人さんが多く、戸隠神社参拝の際に立ち寄りたい戸隠そばの名店が並びます。
また、昔から漬物や笹寿司などの保存食作りが盛んで、名産の野沢菜漬けを具にしたおやきは定番のご当地グルメになっています。さらに、長野県は海に面していないため、鮎や鯉など川魚も名物とされており、最近では独自に品種改良を加えた信州サーモンの料理を提供する飲食店も増えています。
古くから水がきれいな土地であることから銘酒の里としても知られ、日本酒や地ビール、強みである果実栽培を生かした果実酒・洋酒などを嗜むこともできます。
その他、大町市で食べられる黒部ダムカレーや伊那の名物伊那ローメン、駒ヶ根のソースカツ、長野のヤキメン、須坂のみそすき丼、佐久の安養寺ラーメン、白馬のガレットなど、各市町村で売り出しているご当地グルメも事前にチェックしておきたいところです。

蕎麦

蕎麦

長野県の主要観光スポット

エリア紹介

PAGE TOP