下田・南伊豆の観光・旅行ガイド

下田エリアと南伊豆エリアの特色と見所について。
下田エリアは伊豆半島の南側に位置し、アメリカのペリー提督率いる黒船艦隊船が来航したことで知られ、歴史的に大変重要なエリアです。下田の海は潮通しが良いため、海の透明度も大変素晴らしくダイビングやシーカヤック、最近流行りのスタンドアップパドル(SUP)、フィッシングなど、海に関連した様々なアクティビティが充実しています。
下田の主な見所としては、下田海中水族館やペリーロードがあります。
下田海
中水族館は天然の入り江を活用した海上水族館で、イルカをメインとした体験型の水族館として人気を博しています。同水族館では、入り江にウェットスーツを着て入水し、イルカと一緒に泳ぐ、触れるなどの体験をすることができます。また海上に浮かぶ船舶型の水族館では、伊豆の海を再現した巨大な円形型の水槽があり、鮫や魚などの魚類からイソギンチャクなどの無脊椎動物まで鑑賞することができます。
ペリーロードは黒船でやってきたアメリカのペリー提督が、日米下田条約締結の際に行進した道で昔の風情を今なお色濃く残す町並みを楽しむことができます。毎年6月頃になると、平滑川を挟んだ石畳の遊歩道沿いには紫陽花の花が咲き、訪れる人の目を楽しませる他、カフェなどのグルメ要素も充実しているため、観光客に人気のスポットとなっています。

南伊豆は、伊豆半島の最南端に位置し、伊豆半島の最南端の岬であり人気の観光スポットとなっている石廊崎を有するエリアです。また海水浴でも有名なエリアで、約1kmに及ぶ弓なりの白い砂浜が印象的な弓ヶ浜や、海上アスレッチックが人気の妻良海水浴場、さらには入江と遠浅な砂浜が特徴的な子浦海水浴場など、毎年夏になると多くの海水浴客で賑わいを見せます。
南伊豆の主な見所としては、ヒリゾ浜があります。
ヒリゾ浜は石廊崎と中木の堺にある海岸で、船でしか行くことができないスポットです。人気の理由は何と言っても抜群の透明度を誇る海と、クマノミやツノダシといった熱帯性の海水魚、さらにはサンゴなども見ることができるほど充実した自然環境にあります。そのため毎年夏場になると、多くの海水浴客とシュノーケリングを目的とした観光客で賑わいを見せます。
…もっと見る

下田・南伊豆の新着記事

エリアごとの人気スポットは…?

新着投稿PHOTO

PAGE TOP