名古屋の観光・旅行ガイド

金のシャチホコで有名な名古屋城がある名古屋。観光の目玉は栄(さかえ)などの繁華街を楽しむ街歩きです。名古屋駅前の商業施設や地元の人たちで賑わう商店街など賑やかな街が充実しています。また、名古屋はご当地グルメの宝庫!手羽先、きしめん、ひつまぶしなど名古屋発祥といわれるグルメの数々を味わうことができます。特に名古屋の喫茶店のモーニングはボリューム、内容とも充実しており、一度は食べておきたいところです。

名古屋城

名古屋城

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    
  • 平均的な体験時間
    料金(税込)    

名古屋の観光の前に知っておきたいこと

名古屋市には、天守閣の金のシャチホコで有名な名古屋城や、三種の神器の一つを御神体とする熱田神宮、そして織田氏にゆかりのある桃巌寺や萬松寺などの歴史的な名所が数多くあります。また、東海地方の大都市でもある名古屋には、テレビ塔がある栄(さかえ)の歓楽街の他、名古屋駅前の商業施設や地元の人たちで賑わう大須商店街、ゴリラなどで有名な東山動植物園などの観光スポットが満載です。
日本の伝統美を体感できる揚輝荘や徳川園などの別荘・庭園や米ボストン美術館の姉妹館である名古屋ボストン美術館、愛知県美術館、モディリアーニなど有名作家の作品を所蔵する名古屋市美術館など、文化と芸術を堪能できる旅先でもあります。
夏には全国から数十万人が集う名古屋みなと祭りや、学生たちが中心となって立ち上げたにっぽんど真ん中祭りなど、活気あるイベントが盛りだくさん。女性には、城山八幡宮・山田天満宮・高牟神社を巡る「恋の三社巡り」といったパワースポットを楽しめるエリアとなっています。

名古屋城

名古屋城

名古屋の歴史

市内には、およそ1900年前の創立と伝えられている熱田神宮があり、国宝級の遺産が残る歴史ある町です。戦国時代には織田信長、豊臣秀吉、徳川家康といった名武将を輩出し、江戸時代には、家康をはじめ尾張徳川家の指揮の下に経済を発展させていきました。
近代になると、路面電車や駅、幹線道路が整備され、名古屋港が開港。昭和初期には太平洋戦争前最大の博覧会である名古屋汎太平洋平和博覧会が開催され、すでに名古屋の人口は100万人を超えるほどとなっていました。
太平洋戦争時には名古屋大空襲の惨禍に見舞われたものの、名古屋市は流通・貿易などで発展し、東海地方一の人口を誇る都市であることはもちろん、現在では全国屈指の政令指定都市となっています。

熱田神宮

熱田神宮

名古屋のご当地グルメ・食文化・特産品

名古屋市は地理的に関東と関西の中間に位置しており、経済面においても常に両者と競い合ってきた歴史があるため、独創的な文化が発達してきました。その一つが名古屋グルメの数々です。
とんかつを味噌ダレでいただく味噌カツや、味噌煮込みうどん、どて煮などに見られる味噌グルメが代表的で、他にも、うな重をお茶漬け風にして食べるひつまぶし、幅が広い太麺が特徴的なきしめん、スパゲティに中華風のあんをかけて食べるあんかけスパ、エビの天ぷらをそのままおにぎりの具にした天むすなど、個性的なグルメが目白押しです。
今や全国区の知名度を誇る鳥の手羽先も元祖の味を食べてみたい一品。喫茶店のモーニングサービスはコーヒー一杯にトーストやゆで卵などが付いてリーズナブルなのも名古屋ならではです。
お腹一杯で観光を満喫した後は、名物のういろうや味噌おでんなどの定番土産も忘れずに買っておきましょう。

味噌煮込みうどん

味噌煮込みうどん

名古屋の主要観光スポット

エリア紹介

PAGE TOP