知多半島・常滑の観光・旅行ガイド

知多半島・常滑エリアのおすすめご当地情報をご紹介。知多半島・常滑エリアには南知多ビーチランド、内海、常滑などの観光スポット、大名行列、佐布里池梅まつり、はんだ山車まつりなどの観光イベント、ちくわ、手羽先、ひつまぶしなどのご当地グルメがあります。

知多半島といえば夏のイメージが強い、内海・山海海水浴場を始めとする海にちなんだ観光スポットが有名です。夏には豪華絢爛な花火大会も開催されます。海の幸も美味しく、温泉郷としても有名で、春夏秋冬を
通じで海が見えるドライブコースとしては最高のエリアです。

知多半島は日間賀島を始め、付近の島々も含んだエリアです。ものづくり半島とも呼ばれ、常滑の古い窯は3000基とも言われ、焼き物が有名で、付近には海岸線に沿って「やきもの散歩道」があります。江戸時代には「中国酒」と呼ばれた上物の酒を生産する名産地でもありその由緒の残る「国盛 酒の文化館」で利き酒をする事も可能です。トマトケチャップでも有名なカゴメの創始者を紹介する「とまと記念館」もあります。半島北エリアは工業地としても知られ、「新日鐵住友名古屋製鐵所」を始めとして、コンビナートが立ち並び、夜になると幻想的な風景を見せてくれます。

海辺の観光宿泊エリアとしては、テレビで紹介される程海の幸が美味しく有名です。日間賀島のタコは全国的にも有名な産地で、半島全域に分布する旅館は、近海で取れる新鮮な豪華料理を堪能できます。名古屋湾を見ながらの絶景の温泉では心も体も癒される事でしょう。家族連れなら南知多ビーチランドと南知多おもちゃ王国で開催される「アシカ・イルカショー」は子供に大人気です。春や秋はフィールドアスレチックがある南知多グリーンバレイで楽しむ事も出来ます。

夏になれば南知多エリアは数々の海水浴場ですごい人だかりになります。内海・山海を始めとする海水浴場は、中部エリアでは最も有名な海水浴場で、真夏日の夜には内海海水場で見る事ができる、内海中日花火大会では、海岸に寝そべって花火を見る事が出来るという贅沢な体験が可能です。

交通アクセスは知多半島北部に中部国際空港セントレアがあり、中部方面の交通の要所となっています。また南知多道路があり、半島南部に直通しています。名古屋方面へも名古屋高速への接続がされて非常に便利です。マリンリゾートと言えば、中部では南知多で決まりですね。
…もっと見る

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    
  • 平均的な体験時間
    料金(税込)    
PAGE TOP