尾鷲・熊野の観光・旅行ガイド

尾鷲・熊野エリアのおすすめご当地情報をご紹介。尾鷲・熊野エリアには熊野古道、城山公園、布引の滝などの観光スポット、熊野大花火大会、尾鷲ヤーヤ祭り、きほく燈籠祭などの観光イベント、赤福、いちご大福、あおさなどのご当地グルメがあります。

尾鷲は、日本一降雨量の多い地域として知られており、三重県南部に位置しています。付近には「那智の滝」や、「国道42号線」沿いには、さまざまな観光スポットがあり、車でのドライブでは紅葉時期には、非常に美しい風
景を見る事が出来ます。熊野灘はリアス式海岸の続く漁業が主で、海産品が最も大きな観光の収入源となっています。郷土料理についても、海産関連品が主な割合を占めています。太平洋の沖合は黒潮の通る良好な漁場ですので、どの海産品も非常に美味しく、グルメの方にはたまらないエリアだと言えるでしょう。

尾鷲はその他にも林業が盛んですが、最近は生産量も減少している一方で、質の見直しがかけられた、新しい製品作りの取り組みが始まっています。歴史探訪も、「熊野古道」はあまりにも有名で、参拝を目的として利用されていましたが、最近でも昔の面影を探して散策される方が大勢います。この詣でを「蟻の熊野詣」と例えられたのも有名な話です。熊野三山である「熊野本宮大社」、「熊野速玉大社」「熊野那智大社」と呼ばれる三山を参詣する事が熊野詣と言われます。

またこの尾鷲に残る人物物語は多く、日本に稲作を伝えた人物とされる「徐福」や、日宋貿易を推し進めた「後白河法皇」、日本の国の礎を作ったとされる神「イザナミノミコト」、武人として知られた「坂上田村麻呂」など、有名人が数多く排出されている事を知る方は意外に少ないのが事実です。これらの人物などに関連する観光スポットも多く、熊野古道全体の歴史を伝える「熊野古道センター」や、高さが70mもある御神体の岩がある「花の窟神社」、後白河法皇ゆかりの「楊枝薬師堂」など、さまざまな史跡があります。

グルメは尾鷲名産「本からすみ」や、地元で取れる鮮魚の「一夜干し・ひもの」など、熊野古道を利用する旅人の為に利用された地産品の数々が現在でも土産として取り扱われています。特に「さんま寿司」は珍しく、素材が新鮮でないと出来ない、他にはないグルメだと言えるでしょう。
…もっと見る

尾鷲・熊野の新着記事

いますぐ予約できる!尾鷲・熊野で人気のプラン

ほかにも!尾鷲・熊野で人気の体験・アクティビティ

エリアごとの人気スポットは…?

新着投稿PHOTO

PAGE TOP