大津・比叡山の観光・旅行ガイド

大津・比叡山エリアのおすすめご当地情報をご紹介。大津・比叡山エリアには琵琶湖、坂本、山中などの観光スポット、山王祭、大津祭、びわ湖大花火大会などの観光イベント、バームクーヘン、みたらし団子、じゅんじゅんなどのご当地グルメがあります。

大津と言えば滋賀県庁も所在する滋賀県の中心地です。琵琶湖の周遊が楽しめる施設や各文化施設も集約する場所となっています。坂本は夏は湖に来るマリンスポーツ、その他の季節はルアーフィッシングのメッカであり、その
一方で重要文化財の点在するエリアでもあります。比叡山は日本の仏教の中心地である延暦寺や、ドライブが楽しめるエリアとなっています。

大津はなんといっても真夏の「びわ湖大花火大会」が開催される事でも有名で、琵琶湖の景色を堪能できる「ビアンカ」などに乗船出来る「琵琶湖汽船」があります。この付近は大型アミューズメント施設もあるため、非常にカップルが多いエリアとなっています。南にいけば大津のシンボルともなっている、「大津プリンスホテル」や「みなと公園」があり、優雅なひとときを満喫できます。ジョギングやローラースケートを楽しむ方も多く、家族連れにはもってこいのエリアです。

北に移動すると坂本エリアに入りますが、この辺はルアーフィッシングの根強い人気エリアで、湖岸のゆったりした一時を楽しみながら、釣りをする釣り人で常に賑わいを見せています。また夏には湖岸に水遊びを楽しむ客で賑わいます。その一方で西の麓にいけば様相は一変し、国宝の天台寺門宗の総本山である「三井寺」や、平安京の表鬼門を守ると言われる山王総本宮の「日吉大社」が立ち並ぶ重要文化財エリアとなります。

そして更に北に移動し、山手に向かうと、京都市内に抜ける山中越えの途中に、比叡山に抜ける「奥比叡ドライブウェイ」に入ると、「日本仏教の母山」である、「延暦寺」があります。この延暦寺は最澄や曹洞宗の「道元」、浄土宗の「法然」、浄土真宗の「親鸞」や、日蓮宗の「日蓮」など、各会派の開祖を多く輩出してきました。境内は大きく「東塔」、「西塔」「横川」の3エリアに分かれており、非常に多くの国宝や、重要文化財が所蔵されています。昔は女人禁制だったため、女性の観光客も多い一方で、未だに「千日回峯行」も行われている修行霊峰となっています。
…もっと見る

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    
  • 平均的な体験時間
    料金(税込)    
PAGE TOP