箕面・豊中・高槻の観光・旅行ガイド

箕面・豊中・高槻エリアのおすすめご当地情報をご紹介。箕面・豊中・高槻エリアには愛宕神社、服部緑地、万博記念公園などの観光スポット、猪名川花火大会、高槻ジャズストリート、茨木フェスティバルなどの観光イベント、お好み焼き、たこ焼き、粕汁などのご当地グルメがあります。

豊中は昔大阪国際空港と呼ばれ、関西国際空港ができてからは、「伊丹空港」となっている空港や、高級住宅街になっているエリアです。高速道路のICは各方面からの集中がされており、神戸
方面や大阪市内方面、京都方面、日本海方面へと、豊中からであれば、どこへでも移動が可能になっている便利なエリアだと言えます。高槻は京都と大阪のほぼ中間に位置するエリアで、このエリアは多数の古墳が存在し、「埴輪」の出土でも有名です。「三好長慶」の拠点としても有名なエリアです。箕面といえば、大阪のベッドタウンであり、高級住宅街として知られています。「箕面公園」といえば野放しになっているサルが有名です。ただ、ここのサルは非常に好戦的なため、安全を考えて窓は開けないで、締めましょう。

豊中市は交通の要所としての特徴の他に、化石や遺跡がよく発掘されるエリアでもあります。弥生時代にも多数の集落があった事や、戦国時代にも戦場となったことで、大きな被害を受けましたが、江戸時代中期に修復され、最終的には徳川家の統治下となりました。豊中市は環境に様々な制限の厳しい地区でもあります。特に二酸化炭素排出量規制があるため、車での散策は出来るだけ控えましょう。高槻市は自然も多く市内を流れる芥川上流は「大阪みどりの100選」にも選ばれた場所です。その他、「高山右近」も城主を努めた「高槻城」も有名な観光スポットだと言えます。

グルメでは、最近高槻で特に有名なのが「ダブルカレー」です。阪急高槻市駅を降りてすぐの商店街にある新しいグルメスポットとなっています。箕面は、「紅葉まんじゅう」や「もんちゃんせんべい」なども有名です。箕面の地産品などは、お土産に出来る品物が多いので、立ち寄った方はその辺も考えて散策すると良いでしょう。

春や秋の観光シーズンには、地元の方にも人気の「摂津峡」で見られる桜や紅葉は非常に綺麗なことで知られています。キャンプ場も多く、バーベキューを楽しむ方も非常に多くなります。
…もっと見る

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    
  • 平均的な体験時間
    料金(税込)    
PAGE TOP