奈良県の観光・旅行ガイド

およそ1300年前まで平城京が置かれていた古都・奈良。奈良の大仏(東大寺盧舎那仏像)がある東大寺や、聖徳太子ゆかりの法隆寺や中宮寺、天武天皇が建立した薬師寺、藤原鎌足ゆかりの興福寺など、歴史的建造物や文化遺産に溢れています。また、県南部の吉野エリアには春の桜のシーズンに千本桜が咲き乱れる吉野山や世界遺産としても知られる熊野古道があります。京都・大阪といった都市部からのアクセスもよい観光エリアです。

東大寺

東大寺/写真提供:一般財団法人奈良県ビジターズビューロー

定番の観光スポットや編集部のおすすめ

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    
  • 平均的な体験時間
    料金(税込)    

奈良県の観光の前に知っておきたいこと

およそ1300年前、奈良県には当時の首都である平城京がありました。そのため、歴史的建造物や文化遺産が豊富にあり、有名な奈良の大仏(東大寺盧舎那仏像)がある東大寺には、多くの遺産が所蔵される正倉院があります。他にも、聖徳太子にゆかりのある法隆寺や中宮寺、天武天皇が建立した薬師寺、藤原鎌足ゆかりの興福寺、不屈の渡来僧鑑真和上建立の唐招提寺、神武天皇・皇后が祀られている橿原神宮、日本最古の神社の一つとされている大神神社、全国の春日神社の総本社である春日大社など枚挙に暇がありません。
一方、県南部には豊かな自然が広がっており、金峯山寺を中心とした寺院が点在する吉野山は、春の桜のシーズンには千本桜などの絶景を見せてくれます。山深い吉野郡には、世界遺産としても知られる熊野古道(小辺路、大峯奥駈道)が遠く熊野三山へ続いており、瀞峡や谷瀬の吊り橋、五代松鍾乳洞、玉置神社など神秘的なスポットが点在しています。
南部エリアの観光は少し遠出となりますが、十津川温泉や洞川温泉など山の出湯で日頃の疲れを癒すことができる玄人好みの観光エリアです。

東大寺

東大寺/写真提供:一般財団法人奈良県ビジターズビューロー

奈良県の歴史

石舞台古墳をはじめ有力豪族の墓とされる古墳が多く、奈良の地は古墳時代より有力豪族の本拠地として繁栄していました。大和時代や飛鳥時代には現在の橿原市や高市郡などに都が置かれ、その後、中国にならった本格的な首都、平城京が作られました。
大和朝廷による神道信仰や、国策であった仏教流布の影響から多くの寺社仏閣が作られますが、794年に都は京都に遷都してしまいます。その後、奈良県域は有力な豪族が土地を管理し、南北朝時代には後醍醐天皇が一時的に吉野朝を置きましたが、それ以外に大きな混乱もなく近現代まで歴史の歩みを進めます。
観光地として栄えた奈良は、昨今、大阪へ多くの就労者を供給するベッドタウンとしての性格も見せています。

石舞台

石舞台/写真提供:一般財団法人奈良県ビジターズビューロー

奈良県のご当地グルメ・食文化・特産品

魚を腐らせずに運搬するために、柿の葉で魚を巻いた柿の葉寿司が有名で、他にも奈良漬などの保存食が今に残っています。また、仏教とともに伝来したといわれる飛鳥鍋は牛乳で具材を煮込む珍しい料理です。その他、胡麻豆腐など僧侶の食事である精進料理を味わうことができます。
手延べ素麺の三大産地の一つ、三輪のそうめんは全国的にも有名なブランドで、喉ごしや腰の強さに優れた名産品です。吉野葛は希少な天然素材として重宝されており、和菓子や日本料理に使われています。また、甘味では赤い宝石と呼ばれるイチゴ「あすかルビー」が生産されており、果実やジュース、スイーツにして楽しむことができます。
お土産には古代から作られてきた乳製品の蘇が人気で、他にも鹿のフンのような形をしたお菓子や、奈良漬をクッキーにした珍品なども売り出しています。また、グルメではありませんが、奈良県は筆や墨の産地としても有名ですので、大切な方へのお土産として候補に加えてみるのも良いかもしれません。

柿の葉寿司

柿の葉寿司/[画像提供]:農林水産省選定、郷土料理百選

奈良県の主要観光スポット

エリア紹介

PAGE TOP