奈良市・天理・法隆寺の観光・旅行ガイド

奈良市・天理・法隆寺エリアのおすすめご当地情報をご紹介。奈良市・天理・法隆寺エリアには東大寺、春日大社、薬師寺などの観光スポット、正倉院展、なら燈花会、こどもおぢばがえりなどの観光イベント、ドーナツ、にゅうめん、わらびもちなどのご当地グルメがあります。

奈良といえば関西の中心に位置する平城京、また日本の政治の始まった場所として有名です。その由縁もあり重要文化財は非常に多く、歴史風情あふれる都市となっています。東大寺の「奈良の大仏」や、
「明日香村」など散策には困らない多くの史跡、文化財の残るエリアです。奈良県北部に位置する天理市は、天理教の本拠地で市内にはあちこちに関連施設が立ち並ぶエリアとなっています。

奈良市は年間を通じて仏教のイベントが行われており、年中を通じて観光者が多いエリアです。「藤原忠房」の和歌もある「神楽始式」の「春日大社」、市場の守護神で有名な、鎌倉時代の創建である「南市の初戒」がある「恵比寿神社」、テレビでも紹介される「若草山焼き」の「奈良公園若草山」、節分の「東大寺二月堂」、春になれば「修二会」の行われる、国宝である釈迦如来の安置される「新薬師寺」、「聖武天皇祭」の行われる「東大寺大仏殿」天武天皇を偲ぶ「天武忌法要・万燈会」が行われる「薬師寺」、秋になれば実施される風物詩の「鹿の角きり」など、数え上げればキリがない程イベントが多いのが特徴です。

このエリアはグルメも豊富で、奈良では定番の「柿の葉ずし」や「奈良漬け」、古都奈良らしい風流ある「茶がゆ」、「甘酢漬け」「千枚漬け」などの漬物も有名です。また川魚の王様である「鮎の味噌漬け」や「鮎の山椒煮」もあります。また甘味処も有名で、俳句にも出てくる柿の「干し柿」やくずきりの原料となる「吉野くず」、ならではどら焼きを「三笠」と呼びます。地元の方でも入手が非常に困難な、大人気の「レインボーラムネ」等もあります。天理といえば、何といっても有名なのが、醤油ベースの「天理ラーメン」でしょう。

観光スポットについても奈良は豊富で、奈良の大仏を作った「桓武天皇陵」や、飛鳥時代に創建された明日香村にある「飛鳥板蓋宮跡」や同じく「石舞台古墳」この辺は大化の改新以前の宮廷であるヤマト政権の古墳を数多く見る事ができます。平城京時代に創建された「朱雀門」を見ることもできます。

また法隆寺周辺には古墳としてはその規模も非常に大きく謎も多いと言われる「藤ノ木古墳」があり、古く情緒が楽しめる「西里の町並み」もあります。古墳群も非常に多く「斑鳩大塚古墳」を始めとする非常に多くの古墳を見る事ができます。「能楽金剛流発祥の地碑」である「龍田神社」もあり、竹やぶトンネルを抜けると「仙光寺」があります。斑鳩は付近に「法起寺」や、「赤染の井としても知られる史跡三井」があります。この地域は観光のために非常に整備された環境となっていますので、徒歩かレンタサイクルを利用するのが良いでしょう。

法隆寺の近くには、「柿の葉ずし」の有名店の本店があり、鮭、鯖、アナゴ、小鯛の4種が選べ、それぞれに独特の味わいがあります。生駒周辺はグルメや地産品も多く、「高山かきもち」は非常に有名です。また、「茶道具」はさすが奈良らしい地産品だと言えるでしょう。お土産に考えてみるのもよいでしょう。
…もっと見る

奈良市・天理・法隆寺の新着記事

いますぐ予約できる!奈良市・天理・法隆寺で人気のプラン

ほかにも!奈良市・天理・法隆寺で人気の体験・アクティビティ

エリアごとの人気スポットは…?

新着投稿PHOTO

PAGE TOP