鳥取県の観光・旅行ガイド

鳥取のおすすめご当地情報をご紹介。鳥取には鳥取砂丘、国分寺、皆生温泉などの観光スポット、桜まつり、中秋節、鳥取しゃんしゃん祭などの観光イベント、お雑煮、白バラコーヒーなどのご当地グルメがあります。

鳥取県は中国地方に属し、北部を日本海側に東を兵庫県、西を島根県、南は岡山県と広島県に接している県で、西日本の中では有数の雪が多い地域として知られています。昔は因幡国、伯耆国といった鳥取県は山陰の大阪ともいわれた米子市や景観の美しさと漫画家の
水木しげるの出身地と知られる境港市、白壁の土蔵が立ち並ぶ倉吉市などの観光名所があります。

鳥取県には、日本百名山のひとつである大山があります。大山は山の形が富士山に似ていることから伯耆富士ともいわれる山で、富士山、立山、御嶽山と共に昔から日本四名山のひとつに数えられており、多くの登山客が訪れます。大山の付近は西日本一のブナの原生林が密生しており、四季折々に色を変えて美しい景観を見せています。大山の裾はリゾート地として人気の場所で、スキー場やキャンプ場などのレジャー施設もあります。

鳥取砂丘は鳥取県を代表する観光地で、日本海海岸に広がる砂礫地です。風によって風紋と呼ばれる文様ができるのが有名で、鳥取砂丘は日本三大砂丘のひとつとして国の天然記念物にも指定されています。鳥取砂丘はハンググライダーやパラグライダーなどのスカイスポーツを行う場所にもなっており、さらに砂丘の周辺にはレストランハウスなどがあって、一日楽しむことができる場所です。さらにラクダや馬が飼育されており、動物と触れ合うこともできます。夏には砂丘からイカ釣り漁船の灯りを見ることができ、鳥取砂丘の夏の風物詩になっています。

観光の見どころは鳥取砂丘だけではありません。漫画「ゲゲゲの鬼太郎」をはじめとして、水木しげるの描く妖怪をモチーフとした全長約800mの水木しげるロードは妖怪のオブジェが設置されているだけなく、様々な店舗や施設が集まり、大きな賑わいを見せています。水木しげるロードはシャッター商店街が再生した好例としても注目され、現在はさらに延長されています。

鳥取県は深海に生息する大型のカニの松葉蟹が獲れ、さらにスイカやラッキョウといった野菜や果物の生産が盛んで、和なし13%の生産量を誇る二十世紀梨は全国的に有名です。
…もっと見る

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    


  • 所要時間目安
    料金(税抜)    
PAGE TOP