鳥取市周辺の観光・旅行ガイド

鳥取市周辺エリアのおすすめご当地情報をご紹介。鳥取市周辺エリアには鳥取砂丘、本願寺、諏訪神社などの観光スポット、桜まつり、鳥取しゃんしゃん祭、智頭どうだんまつりなどの観光イベント、お雑煮、ブランデーケーキ、白バラコーヒーなどのご当地グルメがあります。

鳥取市周辺エリアといえば日本海に面した「鳥取砂丘」が最も有名な観光スポットといえます。付近には「鳥取空港」もあり、付近の大都市圏や東京都も直通で結ばれていますので、非常に交通の便が良いエ
リアだと言えるでしょう。また北部にある汽水湖である「湖山池」は日本の国内で最も大きい広さを誇っています。冬には「松葉ガニ」の漁獲量が多く、深い雪の中で、カニを食べ、温泉に浸かりながら至福の一時を過ごすのは旅行の醍醐味と言えます。智頭は大部分が山林となっている「備前街道」の「智頭宿」となっている昔ながらの宿場町の街道の風情を残す町並みになっています。

「鳥取砂丘」は毎年多くの観光客を受け入れており、海岸砂丘としては日本最大砂丘の一つとなっています。砂丘の中で体験できるのは「らくだ乗り」で、異国情緒を感じることが出来ます。「観光用の馬車」もあるので、体験をしてみたい方は、是非乗ってみましょう。砂丘近隣には「与謝野晶子」、「森川暁水」、「高浜虚子」、「枝野登代秋」、「有島武郎」などの歌碑が点在しています。これらの歌碑を探して散策してみるのも良いでしょう。砂丘全体は1955年に天然記念物に指定されています。

この智頭宿は、因幡街道と備前街道とを結ぶ道でもあり、「参勤交代」の道にもなっていました。この智頭の往来は歴史上の「道百選」と「遊歩百選」に選ばれています。また、社寺や町家が現存されており、今でも昔の姿を見る事ができます。周囲の町家の中でひときわ大きな民家が、「国の重要文化財」である「石谷家住宅」です。主屋意外に7棟が、その対象となっていおり、敷地内の庭園も登記記念物となっています。それ以外にも、「下町、中町公民館」はいずれも「登録有形文化財」となっています。その他も文化財扱いとなっている建物が複数あり、当時の雰囲気を守る重要な役割を果たしています。

鳥取市周辺エリアの名物は、「砂たまご」や「砂丘ながいも」、「砂丘らっきょ」「大栄すいか」と、砂丘にちなんだ名産品が多くなっています。しかし、冬の名物詩であるカニが、やはり最も有名なご当地の食材だと言えるでしょう。
…もっと見る

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    
  • 平均的な体験時間
    料金(税込)    
PAGE TOP