出雲・石見銀山の観光・旅行ガイド

出雲・石見銀山のおすすめご当地情報をご紹介。出雲・石見銀山には出雲大社、長谷寺、光明寺などの観光スポット、出雲大社神在祭、出雲全日本大学選抜駅伝競走、和布刈神事などの観光イベント、出雲そば、えごま油、しじみ汁などのご当地グルメがあります。

出雲といえば、「出雲大社」がある島根県東部のエリアです。神の国として知られており、その事でも有名です。最近になって、空中庭園があるとこが、現実的に間違いない事がわかってきました。島根県の中東部に位置
します。隣接する大田市と共に県中部の中心地です。出雲を中心に都市圏が形成されていますが、出雲市は「神話の国 出雲」として全国に知られています。出雲大社、須佐神社、西谷墳墓群、荒神谷遺跡ほか豊富な史跡や文化遺産に恵まれており、古代史文化を形成しています。また中世に活躍した出雲源氏の発祥の地にもなっています。

島根県の東南端に位置し、旧仁多町と旧横田町の合併で生まれた奥出雲町は、中国山地の広島県と鳥取県に接しており、神話に名高い斐伊川の源流域に位置します。

この奥出雲の地は、古事記、日本書紀の八岐大蛇退治や、スサノオノミコトの出雲神話発祥の地です。宮崎駿のもののけ姫でも有名な「たたら」製鉄を世界で唯一昔からの「たたら」で日本刀の原料となる「タマハガネ」を生産しています。

仁多米、仁多牛、奥出雲椎茸、奥出雲酒造、高糖度トマトなどが、地産グルメになっています。地産産業の育成が行われることでの雇用の創出、工場を活用した企業誘致をおこなっており、定住対策問題や、亀嵩温泉玉峰山荘、さまざまな地域間交流の促進をおこない、また、県立自然公園で国指定天然記念物の舌震えや、日本では一番のトラストアーチ橋がある奥出雲おろちループ、比婆道後帝釈国定公園の船通山など、鉄の歴史を今後も育成するための絲原記念館や、可部屋集成館などの恵まれた自然と豊富な観光資源の活性化を進めています。

また石見銀山は、島根県の大田市にある日本最大の銀山です。当時日本は世界の銀の約1/3の銀を産出していました。石見銀山はその内の、かなりの量を占めていました。この銀山は大森銀山と呼ばれ、明治期以降は他の銅などが採鉱されました。最終的には、鉱山の規模は仁摩町や温泉津町にも拡散し、日本を代表する鉱山の遺跡として史跡に指定されることになったのです。2007年にユネスコの世界遺産への登録がなされました。一般的には銀は精錬を必要とするために、大量の木材が必要とされるのですが、石見銀山では利用時、適切森林管理の功績が認められ、その点が評価されています。
…もっと見る

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    


  • 所要時間目安
    料金(税抜)    
PAGE TOP