津和野・益田・浜田の観光・旅行ガイド

津和野・益田・浜田のおすすめご当地情報をご紹介。津和野・益田・浜田には高島などの観光スポット、萬歳楽などの観光イベント、芋煮などのご当地グルメがあります。

津和野町は、島根県南西に位置する町です。明治維新前に津和野藩である亀井氏の所領とする城下町でした。小さな盆地に広がる町は、小京都として知られている他に、津和野駅はSLの終着駅にもなっており、山口市や萩の周遊で訪れる観光客が非常に多くなっています。また、在日米軍基地がある岩国からも車
での移動が可能なため、基地のいる職員や米軍兵士などといった、外国人も多く見る事ができます。

江戸幕府幕末の時期に、長崎から配流されてきたキリシタンへ、改宗の強要が実施された事実があり、森鴎外の出身地としても知られています。2005年に隣接していた日原町と合併して、津和野町となりました。日原町役場に役場は置かれることとなりました。毎年の祇園祭の中で街中を練り歩く鷺舞は、津和野の代表的な風物詩であり、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

益田市は島根県の一部で、浜田市と並んで島根県西部、石西地域の中心に位置する都市です。浜田市と大田市と共に、石見三田と呼ばれています。島根県西部に位置しており、日本海に接しています。市の中心は高津川下流に広がる益田平野の三角州となっており、明治時代から続く中心部の地域については、益田駅の東にある右田酒造の辺りにあります。益田市域の南の方については、中国山地の西方になるため、1,000m級の山々が連なる地域となっています。特に2004年合併した美都地区と、匹見地区については、全地域のほとんどが山林となっています。なお、益田市の面積は、島根の県下の面積ではもっとも広い地域となっています。

浜田市は、島根県の西方の日本海に接したエリアを指します。旧石見国の中心地となっており、島根県の西部の代表的なエリアでもあります。益田市と大田市と共に石見三田と総称されています。 かつては大日本帝国陸軍の歩兵第21連隊が設置されており、山陰エリアを代表する軍の拠点でした。現在は、山陰有数の水産都市として発展しています。
…もっと見る

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    
  • 平均的な体験時間
    料金(税込)    
PAGE TOP