下関・角島の観光・旅行ガイド

下関・角島エリアの特色と見所について。
下関・角島エリアは山口県西部、本州の最西端に位置するエリアです。関門海峡があることでも知られ、西側が日本海、南側が瀬戸内海に面しているという海に囲まれたエリアとも言えます。また下関はとらふぐで有名なエリアでもあり、天然のとらふぐの約8割が下関に集まるなど、フグの集積地としても知られています。
下関の主な見所としては、テレビCMでも有名な「角島」や、日本の歴史に欠かすことができない「関門海峡」、さら
には宮本武蔵と佐々木小次郎の決戦の地として知られている「巌流島」などがあります。
角島は面積4平方km程の島で、山口県下関市の日本海側にあります。角島を含む辺り一帯の海岸線は北長門海岸国定公園として指定されており、2000年には角島と本州を結ぶ橋が開通したため、多くの観光客が訪れる人気のスポットとなっています。角島にはエメラルドグリーンの綺麗な海で海水浴を楽しむことができるビーチから、絶景を堪能できる灯台、さらにはグルメを楽しむことができる施設も充実しているので、下関に行った際にはぜひ一度訪れてみたいスポットの一つです。
関門海峡は本州と九州を隔てる海峡で、両エリアを往来するための橋となる関門橋が架けられています。海峡には車が往来するための橋だけでなく、人が歩いて渡るための海底トンネル「関門トンネル人道」も用意されています。この関門トンネル人道は、地下およそ50mまでエレベーターで降り、約780mの距離のトンネルを歩くことで、本州と九州を往来することができます。トンネル内部には、山口県と福岡県の県境を示す表示が施されており、それをバックに観光客が写真撮影をする人気のスポットともなっています。
巌流島は、関門海峡に浮かぶ無人島で、江戸時代初期の剣豪である宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘の部隊となったことで知られています。現在巌流島は公園として整備されており、島の東側に設けられた遊歩道からは、関門海峡を往来する大型のタンカーなどの船舶を間近に見ることができます。また巌流島には宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘のシーンを再現したモニュメントがあり、多くの観光客に人気を博しているスポットとなっています。
…もっと見る

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    
  • 平均的な体験時間
    料金(税込)    

ホテル・旅館

PAGE TOP