萩・長門の観光・旅行ガイド

萩・長門のおすすめご当地情報をご紹介。萩・長門には高山、八坂神社、大覚寺などの観光スポット、萩焼まつり、萩、椿まつり、萩時代まつりなどの観光イベント、ういろう、シロウオ、はなっこりーなどのご当地グルメがあります。

山口県の北に位置する萩は海に面しており、毛利氏が治める地でありましたが、長州藩がここが本境地だという話はあまりにも有名です。元々は産業的な発展が遅れた場所ではありましたが、司馬遼太郎著書の、幕末小説である「世に棲む日日」や「
花神」はここが舞台となっています。長門は同じく日本海北部に接した山口県の一部です。萩市と並んだ地形となっており、同様に発展の遅れた場所です。アジや、イカの漁場が盛んで、かつては鯛やハマチの養殖も盛んでした。

萩は幕末から明治にかけて、さまざまな政治的な動きのあった場所です。「吉田松陰」が私塾である「松下村塾」で「桂小五郎(木戸孝允)、吉田稔麿、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文」等を輩出したことはあまりにも有名です。また「萩の乱」が起こったことでも有名な場所です。ここから排出された人物が幕末から明治へと日本を大きく動かしていく人々であった訳です。また長門は安倍家(安倍晋三総理大臣は東京生まれ)等を排出している事でも有名な場所です。

萩といえば、史跡名勝で最も有名なのは、やはり「萩城」です。「松陰神社」はあまりにも有名な「吉田松陰」を祀った神社です。また古くは「三本の矢」で知られる、毛利輝元を祀った墓所のある「天樹院」も有名です。萩城城下町の「菊屋家住宅」は国の重要文化財となっています。長門は江戸には「捕鯨基地」の要所でもありました。

グルメについては萩は非常に地産品の豊富な土地柄です。驚く程柔らかな食感と旨みの「美島牛」や「見蘭牛」、出身者がこぞって取り寄せるという何とも言えない旨味がある萩のブランド魚である「金太郎(ヒメジ)」、九州では名産の「ふぐやメバル」、また秋にかけて取れる「瀬つきあじやあかうに」「ちしゃなます」「あんみつ」など、本当にとりとめもなく、ざっくばらんで豊富な地産品は貯める人を迷わせてしまいそうな勢いです。現地でも当然食せますが、出来れば持ち帰りたいところ。そんな場合はお土産でも考えてみて下さい。
…もっと見る

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    


  • 所要時間目安
    料金(税抜)    

ホテル・旅館

PAGE TOP