岩国・周防大島の観光・旅行ガイド

岩国・周防大島エリアのおすすめご当地情報をご紹介。岩国・周防大島エリアには錦帯橋、茶臼山、金峰山などの観光スポット、梅まつり、グリーンフェスタ、スプリングフェスタなどの観光イベント、ういろう、岩国寿司、利休饅頭などのご当地グルメがあります。

山口県の東部に位置する岩国は、広島県と接しており、「万葉集」でもその地名は確認されており、戦国時代には「毛利輝元」が「毛利本家」に与えた所領です。廃藩置県までは、毛利家の所領でした。元々は岩国県と
いう独立した県でしたが、最終的に山口県に吸収され、今の形となっています。太平洋戦争時代は、海軍の潜水艦基地や、海軍の岩国飛行隊などが設置され、軍事的な色合いが濃い軍事都市としての役割を果たしていました。現在は主に工業都市として発展しています。柳井は山口県南東部にある市です。その歴史は古く、俗に言う茶臼山古墳が建てられていた場所となります。徳山はかつて山口県の東部にありましたが、合併のため、周南市となり、事実上は消滅しています。地方名での名称としての名前だけが残っている状態です。

旧岩国は、元々吉川氏の収める岩国領の城下町でしたが、長州藩からは認められませんでした。現在は昔の呼び名を採用され、「山代地域」と総称しています。柳井は後白河法皇を始め天皇との縁が多く、その名残が現在でも残っており、京都上賀茂神社の社領の荘園となっています。江戸時代以降、岩国吉川家の領地でしたが、明治維新以降もそのまま領地として残されています。現在でもその名残は残っており、現地では、昔の繁栄を見る事ができます。徳山市であまり良く知られていないのは、太平洋戦争時、戦艦大和の最後の給油地となった事です。

岩国はさまざまな地産品がありますが、有名なのは、「岩国寿司」や、「地酒」、「高森牛」、などがあり、多種多様な内容に分かれます。これは陸地に山と海が迫っているため、海の幸、山の幸共に、採取に関して好環境であった為でしょう。色々現地のグルメが多いと迷ってしまいますが、どれも美味しいものばかりですので、出来るだけ効率よく食すように考えましょう。柳井は「自然薯」や「甘露醤油」「三角餅」など、地域性を反映した、腹持ちの良いものが多くなっています。
…もっと見る

岩国・周防大島の新着記事

エリアごとの人気スポットは…?

新着投稿PHOTO

PAGE TOP