鳴門・徳島市周辺の観光・旅行ガイド

鳴門・徳島市周辺エリアのおすすめご当地情報をご紹介。鳴門・徳島市周辺エリアには国分寺、大塚国際美術館、諏訪神社などの観光スポット、阿波おどり、とくしまマルシェ、小松島港まつりなどの観光イベント、徳島ラーメン、眉山、たらいうどんなどのご当地グルメがあります。

徳島は、四国の東北部に位置する都市であり、徳島は、江戸時代に「徳島藩」の城下町として栄えました。古くから近畿地方との関わりが強く、全国でも有数の商業都市です。明石大橋の開通後は、よ
り密接な関係を構築しています。「藍産業」が盛んですが、大正時代に一時停滞し、現在は「精密企業」などが主な産業となっています。鳴門は、「鳴門海峡」の渦潮があまりに有名です。大嶋海峡の向こうには「淡路島」があり、四国と関西の関係を結ぶ要所となっています。市内には「大塚製薬」など、大手企業も入っており、企業城下町の側面も持っています。徳島は最近まで大型商業施設が参入していましたが、現在は全て撤退しており、大型ショッピングセンターは皆無になっています。鳴門市と同市の間にはまだ立地しており、小売業が大きなダメージを受けています。

「明石海峡大橋」の開通の影響や、徳島を舞台にした映画の上演効果により、観光客は次第に増加傾向にあります。元々は「徳島藩」「蜂須賀氏」の居城であった「徳島城跡」は「現在徳島公園」になっており、国内では「日比谷公園」について全国で2番目に大きな公園になっています。「徳島場博物館」も隣接しており、「表御殿庭園」などもあります。付近から「眉山公園」の山頂へはロープウェーが利用するか、自動車で移動可能ですが、山頂から見える夜景は素晴らしく綺麗で、「日本夜景遺産」の指定を受けています。鳴門は四国を代表する観光地でしたが、「明石海峡大橋」の開通後は四国、近畿間の所要時間も短縮化されたため、現在では近海の海産物などを目玉として観光地を目指しています。

徳島のグルメはやはり柑橘類でしょう。「すだち」や「たらいうどん」「竹ちくわ」や「祖谷そば」も有名です。また、全国的に有名なのは石焼き芋でいなじみの「鳴門金時」が人気です。なるとで有名なグルメといえば、うどんです。最近はご当地バーガーなども売り出しており、人気になってきています。
…もっと見る

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    
  • 平均的な体験時間
    料金(税込)    
PAGE TOP