四万十川・足摺岬の観光・旅行ガイド

四万十川・足摺岬のおすすめご当地情報をご紹介。四万十川・足摺岬には四万十川、白山神社、篠山などの観光スポット、四万十川ウルトラマラソン、大文字の送り火、しまんと納涼花火大会などの観光イベント、かつおのたたき、鰹節、芋けんぴなどのご当地グルメがあります。

全国でもめずらしい主流にダムがない四万十川は「日本最後の清流」とも呼ばれています。さらには、日本三大清流のひとつでもあり、日本の秘境100選、名水百選にも選ばれています。川幅が広いため
長い沈下橋がいくつもあり独特の景観を生み出しています。なかでも佐田沈下橋は欄干もなく、まるで水の上を移動しているような不思議な感覚を覚えることができるため、年間通じてたくさんの観光客が訪れます。

ホタルなど水がきれいな場所でなければ生息できない生き物を観察できる四万十川ですが「四万十市トンボ自然公園」では睡蓮など四季折々の水辺の花が咲き、70種類以上ものトンボを見ることができます。大自然のなかで思い切りアウトドアライフを楽しみたいなら体験型宿泊施設「四万十楽舎」がおすすめです。シュニーケリング、手作りのイカダでの川下りなどに挑戦してみましょう。

川遊びを満喫した後は、海へドライブするのも爽快です。当エリアを代表する観光名所のひとつ足摺岬では、太平洋の荒波が一望のもと。四国最南端というだけあって、はるか遠方へと広がる大海原は感動モノです。岬の先端には日本最大級の光達距離を誇る「足摺岬灯台」が、現在でも沖を行き交う船の安全を守っています。日本で初めて海中公園に指定された地域でもあり「竜串海中公園」が整備されています。半潜水型海中展望船でゆったりと海中散歩を満喫することもできるので、黒潮の温暖な海ならではの色とりどりのサンゴ礁に会いに行くのも良いでしょう。映画のロケなどにもよく使用されている、荒波で穿たれた巨大洞門「白山洞門」も見どころのひとつです。

気になるグルメも川魚あり、海の幸ありと期待通りです。四万十の川エビ、青さのり、沖合の定置網漁でとれたばかりの魚をふんだんに使用した郷土料理が人気です。トロにもたとえられる脂が乗った清水さばは名産品のひとつなので、ぜひ味わいたいところです。また、B級グルメ、清水の鍋焼きラーメンもじわじわと注目されつつあります。
…もっと見る

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    
  • 平均的な体験時間
    料金(税込)    
PAGE TOP