福岡県の観光・旅行ガイド

数々の商業施設が立ち並ぶ天神地区や住吉地区などで都市型観光を楽しめる福岡市。博多の中洲の屋台は全国的にも有名で、地元の人や他の観光客と触れあうことができます。数百万人規模の人で賑わう博多どんたくや博多祇園山笠などのイベントの時期に行けば、熱気溢れる福岡を満喫することができます。他にも門司港レトロでモダンな雰囲気を楽しめる北九州市、太宰府天満宮がある太宰府市、北原白秋の世界観や川下りを楽しめる柳川市などがあります。

中州屋台

中州屋台

定番の観光スポットや編集部のおすすめ

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    


  • 所要時間目安
    料金(税抜)    

福岡県の観光の前に知っておきたいこと

福岡県の要所である福岡市では1日を通して街歩きを楽しめます。数々の商業施設が立ち並ぶ天神地区やキャナルシティがある住吉地区などでショッピングを楽しんだ後は、緑豊かな大濠公園で一休み。夕方は博多ポートタワーや福岡タワーから街を一望し、ヤフオクドームでナイター観戦した後は、中洲の屋台で地元の人や他の観光客と触れあうことも可能です。
マリンワールド海の中道や、かしいかえんなどのレジャースポットも豊富にあるので、ファミリーやカップルにもオススメ。数百万人規模の人で賑わう博多どんたくや博多祇園山笠などのイベントの時期に行けば、熱気溢れる博多を満喫することもできます。
他エリアでは門司港レトロでモダンな雰囲気を楽しめる北九州市、太宰府天満宮がある太宰府市、姉子の浜、芥屋大門といった自然観賞が楽しめる糸島市、宗像大社がある宗像市、炭鉱で栄えた福岡を体感できる田川市や直方市、北原白秋の世界観や川下りを楽しめる柳川市、久留米ラーメンで有名な久留米市、二日市温泉を有する筑紫野市などがあり、福岡県は多様な魅力に溢れた観光エリアとなっています。

中州屋台

中州屋台

福岡県の歴史

古より朝鮮半島や中国大陸に程近かったこの地には、外国との交流の窓口として太宰府が置かれていました。太宰府は遠の朝廷(とおのみかど)と呼ばれる程、大きな権限が与えられ、九州中四国地方の政治や経済の中心となりました。
平安時代末期になると、平清盛によって港が整備され、博多商人の基礎が築かれると商業都市としても発展し、近代に入ると日本初の近代的製鉄所である官営八幡製鉄所が北九州市に作られ、日本有数の工業地帯を形成します。
その後、1958年に関門トンネルが開通すると、自動車で本州と往来することが可能となり、福岡県の成長は一気に加速。県内に福岡市・北九州市という二つの政令指定都市を有する九州の中心地となりました。

太宰府天満宮

太宰府天満宮

福岡県のご当地グルメ・食文化・特産品

福岡は博多の屋台に代表される屋台グルメの宝庫で、かつて屋台などで出されていたとんこつラーメンは、今や全国でも食べられるメジャーなご当地グルメです。長浜地区で食べられる長浜ラーメンや久留米の久留米ラーメンなど、県内ではその土地土地のとんこつラーメンを味わうことができます。その他、白濁した鶏ガラスープが絶品の水炊きや、北九州の焼きうどん、ちゃんらー、久留米の焼き鳥、田川のホルモン、モツ鍋など福岡県には九州を代表するグルメが集まっています。
郷土料理では朝のおかずとして定番のおきゅうとや、筑前煮の祖先といわれるがめ煮、イカナゴを干したかなぎりちりめんなどが有名です。また、福岡県は北に玄界灘、東に周防灘、南西に有明海と豊かな漁場に囲まれているため、サバ、アジ、イカ、ヒラメ、フグ、カキ、海苔などの新鮮な海産物を味わえる上、それらをネタにしたお寿司もご当地グルメとして認知されています。
果物ではあまおうや、博多とよのかといったブランド苺がおすすめ。柚子こしょうや万能ネギ、辛子高菜などの調味素材の名産品も多く、辛子明太子とともに福岡土産の定番となっています。

水炊き

水炊き

福岡県の主要観光スポット

エリア紹介

PAGE TOP