柳川・久留米・筑後の観光・旅行ガイド

柳川エリアと久留米エリア、筑後エリアの特色と見所について。
柳川エリアは福岡県の南部に位置し、観光客の間では水路で知られているエリアです。柳川に水路が張り巡らされた背景は、江戸時代に難攻不落の城と謳われた柳川城の防備、ならびに商業や生産業の発展のために柳川城を中心として水路が張り巡らされたことに始まります。一時は柳川エリアの都市化が進んだことにより、工場の廃液などによる汚染が深刻化し、水路の埋め立てが計画された時期もありましたが、地域住
民の協力もあったお陰で再生し柳川エリアの観光名物の一つとなっています。現在では、柳川の水路をドンコ舟によるゆったりとした川下りが楽しめる他、赤レンガの蔵やなまこ壁の蔵など歴史的を感じる風景と共に観光を楽しむことができます。

久留米エリアは福岡県の南部に位置し、ポンツーンボートなどで筑後川の遊覧できることで有名です。久留米には安産や子授けのご利益で全国的に有名な水天宮の総本宮があり、約1600年前に創建された高良大社などの歴史を感じさせる史跡を周ることができます。またその他にも、世界各国から集められた貴重なつつじを見ることができる久留米市世界つつじセンターなどがあり、毎年開花時期となる4月には多くの観光客で賑わいを見せます。

筑後エリアは福岡県南部に位置し、美しい花々を楽しむことができるスポットが多数あることで知られています。特に観光客の間で人気のスポットとなっているのが黒木町にある「黒木の大藤」です。樹齢600年とされる大藤は国の天然記念物に指定されており、毎年開花時期となる4月中旬から5月上旬頃になると数千万もの花房が垂れ下がることから、その景観は国宝級とも言われており多くの観光客が訪れます。またその他にも、平家ゆかりの神木である天保古山の平家一本桜、定林寺の紫陽花など多くの花々を楽しむことができる注目のエリアとなっています。
…もっと見る

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    
  • 所要時間目安
    料金(税込)    
PAGE TOP