嬉野・武雄・伊万里の観光・旅行ガイド

嬉野・武雄・伊万里エリアのおすすめご当地情報をご紹介。嬉野・武雄・伊万里エリアには武雄温泉、道祖神、夫婦岩などの観光スポット、有田陶器市、伊万里トンテントン祭り、風鈴まつりなどの観光イベント、かまぼこ、だご汁、ミルクックなどのご当地グルメがあります。

伊万里湾に面している伊万里は陶器の産地としても有名ですが、付近の有田をはじめとした一帯で焼かれた陶磁器を国内外へ積み出す港としても栄えてきました。伊万里市陶器商家記念館では江戸時代の陶器
商たちの活躍がしのばれます。その建物は有数の陶器商・旧犬塚家の住居を復元したものですが、当時の趣を今に伝えています。同じく陶器商家跡を利用した海のシルクロード館では、予約をすればろくろを回したり絵付けをしたりといった陶器づくりを体験することもできます。

伊万里市街を南下すると山あいに陶器の里・大川内山があります。佐賀藩の藩窯が置かれていたこの地は、幕府や朝廷に献上するための鍋島焼が秘密裏に製作されていました。かつてはその秘密を守るために関所も設けられていましたが、現在では鍋島藩窯公園になっていて、陶石を砕く唐臼小屋、古窯跡などがあり歴史を体感することができます。現在でもさまざまな窯元が点在していますが、ろくろ体験ができたり、カフェを併設していて自慢の陶器を愛でながら一服することもできます。

一方の有田は渡来人の陶工に白磁が見出されたことで、磁器作りが盛んになりました。皿山通りのまわりには数多くの陶磁器店、ギャラリーなどがあり、作品を鑑賞したりショッピングを楽しむには最適の環境です。解体した窯の廃材を利用した赤煉瓦のトンバイ塀が続く古い街を散策してレトロ気分に浸るのもおすすめです。

陶磁器三昧の旅のしめくくりは、武雄温泉に足を伸ばしてみるのも一興です。1300年もの歴史があり、豊臣秀吉の入浴心得が残されていたり、宮本武蔵、シーボルトなども足を運んだという名湯です。江戸時代には宿場町としてたいへん賑わいましたが、朱塗りの武雄温泉桜門などの国指定文化財も見どころのひとつです。高台にあるため、佐賀市街を眺めながらのびのびと入浴できるのも楽しみです。湯上がりには、有明海の魚介類や佐賀牛などの新鮮素材をふんだんに使用した会席料理をお腹いっぱいどうぞ。
…もっと見る

嬉野・武雄・伊万里の新着記事

エリアごとの人気スポットは…?

PAGE TOP