唐津・呼子の観光・旅行ガイド

唐津・呼子のおすすめご当地情報をご紹介。唐津・呼子には熊野神社、諏訪神社、唐津城などの観光スポット、唐津くんち、九州花火大会、相知くんちなどの観光イベント、かまぼこ、イカの塩辛、わさび漬けなどのご当地グルメがあります。

白砂青松の美しい海岸が約5kmにもわたって続く唐津。なかでも樹齢200年以上の老木から若木までおよそ100万本の黒松が植林されている虹の松原は日本の三大松原のひとつとされています。翼のようにも見える東西にのびる白い浜を
見下ろす高台にある唐津城は、まるで鶴のようだと「舞鶴城」の別称もあります。毎年11月2日〜4日にかけて開催される壮大な祭り「唐津くんち」を代表する曳山をいつでも見学できる曳山展示場も人気のスポットです。

唐津焼の産地としても知られる当エリアですが、有名な窯元もいろいろとあります。料理が栄える器がプロの絶大な支持を集めている「隆太窯」や、現在の当主は14代目という歴史を誇る「中里太郎右衛門陶房」では展示・販売も行っています。いずれも高級品で有名な窯ではありますが日常的に使用できるものもあり、思わぬ掘り出し物に出会えることも。宝くじが当たると評判の宝当神社に立ち寄ってみるのもおすすめです。

また、呼子は日本三大朝市といわれる「呼子の朝市」で知られています。元旦を除く毎朝7時30分から開催されていますが、新鮮な海の幸・山の幸が一堂に会するさまは壮観です。付近には七ツ釜があり、荒波に玄武岩が侵食されてできた7つの海蝕洞など不思議な景色が広がっています。満潮時には小舟「いか丸」で海蝕洞のなかに入って見学することも可能です。緑豊かな東松浦半島の波戸岬には海中展望台があり、玄界灘の景観を楽しむこともできます。夏には海水浴場もオープンし、ひときわ賑わいます。

海で遊んだ後は、新鮮な魚介類がお待ちかねです。イカは当エリアを代表する特産物のひとつですが、じつはイカにも旬がありバンジョウイカ、モンゴウイカ、ヤリイカ、ブドウイカなどが季節ごとに楽しめます。とにかく活魚料理店が充実していて、なかには生簀がある店もあるので、とれたてさばきたてび魚をお腹いっぱい食べることができます。ユニークなのことに、クリスマスともなるとトップのイカをはじめ投網やスルメやアジの干物の真空パックを飾ったツリーが登場。干物は一人につきひとつだけ持ち帰ることもできるという、うれしいクリスマスプレゼントもお楽しみに。
…もっと見る

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    


  • 所要時間目安
    料金(税抜)    

ホテル・旅館

PAGE TOP