長崎県の観光・旅行ガイド

江戸時代、鎖国体制を敷いていた日本で、唯一海外との貿易が認められていた長崎県。グラバー園をはじめ異国の文化が垣間見える観光スポットが点在しています。キリシタンによって建てられた大浦天主堂や浦上天主堂など歴史的建造物を見学できるほか、稲佐山からの圧巻の夜景を楽しむことができます。県南部の島原半島では火山の恩恵による温泉が豊富。北部の佐世保にはイルミネーションで有名なハウステンボスなど、アミューズメントも豊富です。

銀冠山からの夜景

銀冠山からの夜景/提供:長崎県観光連盟

定番の観光スポットや編集部のおすすめ

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    
  • 所要時間目安
    料金(税込)    

長崎県の観光の前に知っておきたいこと

江戸時代、鎖国体制を敷いていた日本で唯一海外との貿易が認められていた長崎県には、グラバー園など海外の文化を堪能できる観光スポットが点在しています。キリシタンによって建てられた大浦天主堂や浦上天主堂に加え、オランダ坂、眼鏡橋、東山手十二番館などがある他、毎秋に開催される「長崎くんち」を観れば、中国大陸の文化も受け継いでいることがわかります。
そんな貿易都市として栄えた長崎の街を一望できる稲佐山からの夜景は、世界新三大夜景に選ばれるほどの絶景です。また、数々の島からなる長崎県では、風光明媚な九十九島を眺める展海峰や、海峡に掛かる真っ赤な平戸大橋などの景観を楽しめ、五島列島や壱岐、対馬などの島に渡れば、固有の文化遺産に触れることもできます。
県南部の島原半島では、雲仙普賢岳の噴火の威力を体感できる雲仙岳災害記念館を見学しつつ、火山の恩恵による雲仙温泉などで疲れを癒すことができます。また、原爆の悲劇を学ぶ長崎原爆資料館や平和祈念像、山王神社の被爆クスノキなども見るべきポイントの一つ。このたび世界遺産に登録された軍艦島など歴史的スポットにあふれたエリアです。

銀冠山からの夜景

銀冠山からの夜景/提供:長崎県観光連盟

長崎県の歴史

室町時代、平戸にポルトガル商船が来航し、フランシスコ=ザビエルをはじめとした多くの宣教師たちによって、たくさんの西洋文化が流入しました。江戸時代に入るとキリスト教への弾圧が激化しますが、キリシタンたちは地下に潜りその文化を守ってきました。
その後、明治の開国期には政府によって長崎造船所(後の三菱重工業長崎造船所)が造られ、長崎や佐世保は軍港都市として発展していきます。しかし太平洋戦争時、軍港長崎は空襲の標的となり、投下された一発の原爆によって全てを失ってしまいます。それでも、長崎の人々の弛まぬ努力により復興を果たし、2022年の九州新幹線長崎ルートの開業を目指す九州で指折りの経済都市として成長を遂げています。

出島

出島/提供:長崎県観光連盟

長崎県のご当地グルメ・食文化・特産品

たくさんの海鮮と野菜、それに中太麺を鶏ガラスープで炒めた長崎ちゃんぽんは、長崎皿うどんと共に県を代表するグルメです。他にも平戸や小浜地方特有のちゃんぽんや、あごだしスープでいただくご当地ラーメン、島原手延べそうめん、五島うどんなど、麺文化が発達しています。
また、軍港として栄えた都市が多いため佐世保バーガーやレモンステーキ、トルコライスなどの洋食メニューや、卓袱料理と呼ばれる西洋と東洋の料理を合わせた宴会メニューなどを楽しめます。
島原半島では具雑煮やろくべえなど和テイストの郷土料理もいただくことができます。各島々では和牛の生産が盛んで、県内各所で壱岐牛・大村牛・平戸牛などの和牛を堪能することができ、また海にも囲まれているため、紅王(アマダイ)、壱岐剣(剣先イカ)、ごんあじ、野母んあじ、値賀咲(長崎イサキ)、九十九島カキなどのブランド魚介を味わうこともできます。
お土産としては王道のカステラ、それにかんころ餅や一口香などの鉄板どころをおさえておけば間違いないでしょう。

ちゃんぽん

ちゃんぽん/提供:長崎県観光連盟

長崎県の主要観光スポット

エリア紹介

PAGE TOP