諫早・大村・波佐見の観光・旅行ガイド

諫早・大村・波佐見エリアのおすすめご当地情報をご紹介。諫早・大村・波佐見エリアには熊野神社、長崎バイオパーク、城山公園などの観光スポット、祇園祭、波佐見陶器まつり、長崎西海トライアスロンなどの観光イベント、鯨料理、大村寿司、イカの刺身などのご当地グルメがあります。

諫早・大村・波佐見エリアはおだやかな大村湾の北側に位置するエリアです。代表的な観光スポットは何といってもハウステンボス。四季折々の花が咲き乱れ、ゆったりと運河が流れる敷地に
は中世風の洋館がたちならび、日本にいることを忘れそうになります。ホテル、レストラン、ミュージアム、ショップなどがあり長期滞在しても飽きることなく過ごせます。カナルクルーザーの運河めぐりや、レンタルサイクルでのサイクリングも楽しめます。予約をすればインストラクターと一緒にセグウェイにチャレンジすることも可能。馬車ツアーもありますが、厩舎の見学もついているのがうれしいポイントです。年間通じておすすめのハウステンボスですが、11月から2月にかけて開催される日本最大級のイルミネーションイベント「光の王国」のシーズンならば、ひときわロマンチックなひとときを過ごすことができるでしょう。

また、東彼杵はそのぎ茶の産地として古くから有名で、江戸時代には海外に輸出されるほどでした。現在でも茶団地、茶畑が多数点在していますが、なかでも集団茶園「赤木茶団地」は西日本最大級の規模を誇り、眼下に大村湾の景観を眺めることができます。そのほか、いちご、アスパラガス、米、みかん等の産地でもあり、なまこなどの近海物の魚介類とともにタップリと味わうことができます。かつては鯨漁もさかんに行われ、捕鯨や鯨取引の中心だった名残りが街のあちこちにあります。

東彼杵から大村湾へと流れる江の串川は長崎県「ふるさとの川モデル事業」にあわせて、親しみやすい河川公園に整備され、家族づれでも楽しい一日を過ごせるようになりました。水仙、花菖蒲など季節ごとの花々がつねに開花しているように配置され、訪問者の心を癒やします。大樽・小樽のふたつの滝のしぶきをあびながら、美しい眺めを堪能するのも良いでしょう。「大村あま辛まっ黒!カレー」は見た目が本当にまっ黒なので一瞬口に入れるのを躊躇する人もいるかもしれませんが、コクのある味わいは一度体験すると忘れられなくなる人が続出しています。
…もっと見る

諫早・大村・波佐見の新着記事

いますぐ予約できる!諫早・大村・波佐見で人気のプラン

ほかにも!諫早・大村・波佐見で人気の体験・アクティビティ

エリアごとの人気スポットは…?

新着投稿PHOTO

PAGE TOP