雲仙・島原の観光・旅行ガイド

雲仙・島原のおすすめご当地情報をご紹介。雲仙・島原には護国寺、トロッコ列車、眉山などの観光スポット、夏越祭、島原初市、みそ五郎まつりなどの観光イベント、ジェラート、小浜ちゃんぽん、クルスなどのご当地グルメがあります。

高原のリゾート地、雲仙は日本初の国定公園です。春を告げる桜に始まり、ツツジ、新緑、紅葉、霧氷と一年中美しい自然を楽しむことができます。原生沼や雲仙地獄を小一時間かけて徒歩でめぐる散策も人気です。雲仙お山の情報館から仁田峠
展望台や妙見岳展望台へとロープウェイなどを使って足を伸ばしてみるのもおすすめです。ハイキングの疲れを癒やす立ち寄り湯も充実していて、美術館と温泉を併設している「雲仙スパハウス」、吉田松陰もおとずれたという「小地獄温泉館」などがあります。

雲仙の麓にも海辺の温泉街、小浜温泉があります。街中を湯けむりが立ち上り、こぢんまりとした宿が軒をつらねるひなびた風情を味わうことができます。海面に接する露天風呂がある日帰り温泉「海上露天風呂 波の湯茜」では、夕焼けに染まる海につかっているような気分を味わうこともできます。湯上がりは地元の山の幸・海の幸をふんだんに使った郷土料理を堪能しましょう。

一方、島原は城下町の名残りがある水辺の都です。島原藩主の松倉重政が7年もの歳月を費やして築いた島原城は、白亜の天守閣が緑のなかでキリリと映えています。併設しているキリシタン資料館、郷土資料館等に立ち寄るのもおすすめです。毎年秋には島原城薪能も開催され、幽玄の世界を堪能できます。城下には武家屋敷もありますが、水の都らしく道の中央には用水路があり清らかな湧き水が流れています。現在でも湧き水が生活用水として利用されている共同洗い場もあり、洗い物をする近所の人たちの社交の場にもなっています。

また、レトロな建築がたくさんあるのも当エリアの特徴です。築170年の旧家を活用した「まちの寄り処森岳」では観光案内をしていますが、地元で製造された味噌や醤油等も販売しています。大正時代の元理髪店を喫茶店として改装した「青い理髪館工房モモ」では、古めかしい鏡や椅子などがならぶなかで、美味しいカレーやチーズケーキなどをいただくこともできます。そのほか、白玉粉を湧き水で冷やして特製蜜をかけた名物「かんざらし」もお試しあれ。
…もっと見る

雲仙・島原の新着記事

いますぐ予約できる!雲仙・島原で人気のプラン

ほかにも!雲仙・島原で人気の体験・アクティビティ

エリアごとの人気スポットは…?

新着投稿PHOTO

PAGE TOP