日田・天ヶ瀬の観光・旅行ガイド

日田・天ヶ瀬のおすすめご当地情報をご紹介。日田・天ヶ瀬には夫婦岩、琴平温泉、黎明館などの観光スポット、日田川開き観光祭、日田天領まつり、日田祇園祭などの観光イベント、だんご汁、ざびえる、日田やきそばなどのご当地グルメがあります。

小京都とも呼ばれる日田は、江戸時代には町人文化が開花した賑やかな街でした。現在でも情緒溢れる昔ながらの街並みが残り、人力車で散策することもできます。江戸時代に「博多屋」という屋号の金融業で財を成した広瀬家の屋
敷を使用している廣瀬資料館では、各藩に貸付をした証文が残っていて、当時の町人が武家社会にまでも影響を及ぼす存在だったことがしのばれます。薬種問屋の岩尾薬舗日本丸館は堂々たる木造3階建てで、江戸時代のままの台所、奥座敷、展望楼などが残っています。酒蔵を利用した薫長酒蔵資料館は江戸から昭和初期に使用されていた升や桶などの道具が展示されています。蔵元直販ショップとカフェが併設されていてひと息つくのに最適です。

一方、1300年の歴史を誇る天ヶ瀬温泉は別府や由布院とならぶ豊後産大温泉と称されています。川沿いに湧く温泉で、まるで川に浸かっているかのような感覚を楽しむことができる野天風呂が5つもあります。鉄道を眺めながら入浴できる駅前温泉、時間によってピンクからブルーまでさまざまな色に変化する鶴舞の湯などどれもユニークなので、お得な温泉パスポートを利用してコンプリートしたいところです。ドライブがてら「ゆうやけの湯」に足を伸ばしてみれば、まるでコーヒーのような色をしためずらしい温泉につかることもできます。ジブリ映画に登場するようなレトロバスで観光名所をめぐるのもおすすめです。二段になってどうどうと流れ落ちてくる大迫力の慈恩の滝、花が散るようなしぶきが風流な桜滝、中心部が観音像に似ている観音滝などの名瀑が多いことでも有名です。

ファミリーならば「フラワーパークあまがせ」もイチオシです。小高い丘の上に季節の花々が咲き乱れるなかを、草スキー、ゴーカードなどを楽しむことがでいます。「ローズヒルあまがせ」は、150品種2,000株以上のバラが咲き誇り、開花期には芳香があたり一面に漂います。併設のカフェではバラを使用したスイーツを味わうこともできて、「あまがせバラジャム」はお土産に大人気です。
…もっと見る

日田・天ヶ瀬の新着記事

エリアごとの人気スポットは…?

新着投稿PHOTO

ホテル・旅館

PAGE TOP