大分市・佐伯・臼杵の観光・旅行ガイド

大分市・佐伯・臼杵エリアのおすすめ観光情報をご紹介。大分市は県の中心都市。県庁所在地でもあり、中核市に指定されています。郷土料理として知られる「とり天」は市内のいたるところで味わうことができます。また、佐賀関港で水揚げされる関あじ、関さばは全国でも知られるブランドです。子ども連れの方も楽しめる水族館うみたまご、高崎山自然動物園はおすすめの観光スポットです。

大分市から南に行くと、臼杵城の城下町である臼杵があります。江戸時代初期の町割り
がそのまま街並みとして残り、旧丸毛家住宅や久家の大蔵、稲葉家下屋敷などの武家屋敷や商家が点在しています。また、臼杵は国宝に指定された石仏の町でもあります。崖から掘り出した60余りの石仏は圧巻です。

臼杵市からさらに南、佐伯湾に面する佐伯は、佐伯藩の城下町でした。大手門後から佐伯藩主毛利家の墓がある養賢寺までは「歴史と文化の道」と呼ばれています。矢野龍渓生家跡や城下町佐伯・国木田独歩館は、佐伯市が歴史的環境保存区に指定している観光スポットです。美しい白壁が映える武家屋敷や歴史・文学の名残を感じられます。

また、同地にある標高160mの「空の公園」や「空の展望所」、「空の地蔵尊」は日向灘を見下ろせる絶景ポイントです。お天気が良ければ、碧い海に浮かぶ四国の島々や鶴見半島が見られます。豊後水道で育った魚が水揚げされる佐伯市は海の幸が豊富なエリアで、市内のお店では趣向を凝らしたお寿司や海鮮丼などが楽しめます。
…もっと見る

大分市・佐伯・臼杵の新着記事

エリアごとの人気スポットは…?

新着投稿PHOTO

PAGE TOP