沖縄県の観光・旅行ガイド

透明度の高い海に囲まれている沖縄県。本島では万座毛や古宇利ビーチなどで美しい海を眺めることができます。那覇には沖縄最大の繁華街「国際通り」があり、北部にはジンベエザメの飼育で有名な美ら海水族館など楽しいスポットが満載!宮古島石垣島久米島といった離島に足を伸ばせば、世界レベルの透明度を誇る海や自然の風景を見ることができます。ダイビングシュノーケリングなどのアクティビティも充実しているエリアです。

ビーチ

ビーチ/写真提供:沖縄観光コンベンションビューロー

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    


  • 所要時間目安
    料金(税抜)    

沖縄県の観光の前に知っておきたいこと

沖縄といえばやはり青い海と白い砂浜!石垣島の川平湾、宮古島与那覇前浜ビーチに、自然の石門が美しい砂山ビーチ、竹富島のコンドイビーチや星砂で有名なカイジ浜、久米島のハテの浜など、離島には海外に負けず劣らずの綺麗なビーチがひしめきます。
沖縄本島にも、古宇利大橋から見る海や、約5kmにわたって走る海中道路、断崖からの絶景を眺める万座毛など、海の景観を楽しむスポットが溢れています。また、本島ではマングローブの原生林が今も残り、カヤックなどを楽しめる他、ジンベエザメが泳ぐ巨大水槽で有名な美ら海水族館や玉泉洞を探検できるおきなわワールドなど、ファミリーやグループで楽しめるスポットが盛りだくさんです。
世界遺産の首里城を散策しつつ、県内最大の繁華街である国際通りや名護市の美浜アメリカンビレッジ、パイナップルパークなどのシティエリアを巡るのもオススメ。また、斎場御嶽ガンガラーの谷などの霊験あらたかな場所や、ひめゆりの塔、旧海軍司令部壕など戦時中の様子を知れるスポットにも足を運びたいところです。

ビーチ

ビーチ/写真提供:沖縄観光コンベンションビューロー

沖縄県の歴史

沖縄県にはかつて、琉球民族が建国した琉球王国という国家がありました。琉球は中国大陸や南方の国々、日本とも交易を行い独特の文化を発展させていきました。今でもエイサーやハーリーといった祭事に加え、守り神のシーサーや独特の方言などによってその文化を垣間見ることができます。
近代になると日本を構成する一地方として編入されましたが、太平洋戦争時には本土決戦の最前線に立たされ、民間人を巻き込んだ壮絶な激戦地となりました。そして戦後、沖縄は30年近くにわたりアメリカの統治下に置かれ、ようやく日本に復帰したのは1972年のことでした。
現在では日本屈指の観光県となり、美しい自然や独特の文化に魅せられて沖縄に移住する人は後を絶ちません。

首里城

首里城

沖縄県のご当地グルメ・食文化・特産品

八重山諸島全般で食べられる八重山そばや宮古そば、豚のあばら肉やかまぼこなどを入れた本島のソーキそばといった沖縄特有のそばが有名です。他にも、チャンプルーと呼ばれる炒め物が有名で、名産のゴーヤーやアグー豚などを卵と炒めたゴーヤーチャンプルーは全域で食べることができます。郷土料理としてはミミガーラフテー、てびち、ジューシーヒラヤーチーなどがあり、ジーマーミ豆腐豆腐よう、海ぶどう、島らっきょう、島とうがらしといった珍しい食材の宝庫でもあります。
また沖縄では和牛の固有種を数多く飼育しており、石垣牛をはじめとした沖縄和牛の料理を楽しめます。海産物に関してはイラブチャーグルクンなど南洋特有の魚介を食べることができ、島部名産の車エビやヤシガニなどの甲殻類も美味。アメリカ統治時代にもたらされたタコスやハンバーガー、ステーキ、メンチコロッケ、スパムを使ったポーク卵などB級グルメが多いのも沖縄グルメの特徴です。
お土産ではサーターアンダギーちんすこう、ちんびんに加え、オリオンビール泡盛、内地では目にしないルートビアなどの飲料も人気の一品となっています。

沖縄そば

沖縄そば/写真提供:沖縄観光コンベンションビューロー

沖縄県の主要観光スポット

エリア紹介

PAGE TOP