沖縄の観光・旅行ガイド

沖縄県観光の拠点・那覇空港がある沖縄本島。首里城がある那覇には、県内最大の繁華街である国際通りがあり、街遊びに適しています。那覇空港にも程近い瀬底ビーチや古宇利大橋・古宇利ビーチ、断崖からの絶景を眺める万座毛など絶景ビューを楽しむスポットも多数。北部にはマングローブの原生林が残り、カヤックなどを楽しめる他、美ら海水族館などのレジャー施設も。おきなわワールドガンガラーの谷などがある南部は、グループで楽しめるスポットが豊富です。

美ら海水族館

美ら海水族館

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    
  • 所要時間目安
    料金(税込)    

沖縄の観光の前に知っておきたいこと

沖縄県観光の拠点・那覇空港がある沖縄本島。世界遺産・首里城がある那覇には、県内最大の繁華街である国際通りもあり、一日を通して街遊びを楽しむことができます。もちろん、離島に負けないクリアな海も多く、那覇空港にも程近い瀬底ビーチや古宇利大橋から見る古宇利ビーチ、そして断崖からの絶景を眺める万座毛など、絶景ビューを楽しむスポットには事欠きません。また、本島北部にはマングローブの原生林が今も残り、カヤックなどのアクティビティを楽しめる他、ジンベイザメが泳ぐ大迫力の水槽が有名な美ら海水族館などがあります。本島南部には、アジア最大級の鍾乳洞・玉泉洞を探検できるおきなわワールドガンガラーの谷など、グループで楽しめるスポットが盛りだくさん。また、斎場御嶽や久高島など霊験あらたかな場所や、ひめゆりの塔、旧海軍司令部壕など戦時中の様子を知れるスポットにも足を運びたいところです。

美ら海水族館

美ら海水族館

沖縄の歴史

沖縄にはかつて、琉球民族が建国した琉球王国という国家がありました。琉球は中国大陸や南方の国々、日本とも交易を行い独特の文化を発展させていきました。今でもエイサーやハーリーといった祭事に加え、守り神のシーサーや独特の方言などによってその文化を垣間見ることができます。
近代になると日本を構成する一地方として編入されましたが、太平洋戦争時には本土決戦の最前線に立たされ、民間人を巻き込んだ壮絶な激戦地となりました。そして戦後、沖縄は30年近くにわたりアメリカの統治下に置かれ、ようやく日本に復帰したのは1972年のことでした。
現在では日本屈指の観光県となり、美しい自然や独特の文化に魅せられて沖縄に移住する人は後を絶ちません。

万座毛

万座毛

沖縄のご当地グルメ・食文化・特産品

琉球王朝時代の食文化が色濃く残る沖縄。そば粉を一切使用しない沖縄そばが有名で、コクがあるスープとコシのある麺が特徴的です。豚のあばら肉を入れたものはソーキそばと呼び、食べ応えのある一品です。他にも、チャンプルーと呼ばれる炒め物が有名で、名産のゴーヤやアグー豚などを卵と炒めたゴーヤチャンプルーや、豚の耳を使ったミミガー、豚バラ肉の角煮・ラフテー、豚足のティビチ、炊き込みご飯のジューシー、お好み焼きのヒラヤーチーなどがあります。ジーマーミ豆腐豆腐よう、海ぶどう、島らっきょう、島とうがらしなどの珍しい食材の宝庫でもあり、海産物ではイラブチャーグルクンなど南洋特有の魚介を食べることができます。アメリカ統治時代に広まったタコスやハンバーガー、ステーキ、メンチコロッケ、ポーク卵などB級グルメが多いのも特徴的。お土産にはサーターアンダギーちんすこうに加え、オリオンビールやルートビアなどの飲料も人気です。

ゴーヤチャンプルー

ゴーヤチャンプルー

沖縄の主要観光スポット

エリア紹介

PAGE TOP