このページは2014年1月のリニューアルよりも以前に掲載していた内容です

ご当地グルメイベント特集

全国ご当地どんぶり選手権

ふるさと祭り東京に全国から選りすぐりの「ご当地どんぶり」が集結!

2010年度の「第2回ふるさと祭り東京」の特別企画として好評を得た「全国ご当地どんぶり選手権」の開催が2011年度も決定! 第2回となる今回は、去年大賞の座をつかんだ「白エビかき揚丼」の富山県チームを筆頭に、20チームがNo.1の座を目指して9日間に渡って熱闘を繰り広げる。

「全国ご当地どんぶり選手権」のおもしろいところは、一般の来場者が審査員だということ。来場者は1杯400円(ハーフサイズ)のどんぶりを試食し、おいしかったと思うどんぶりに投票するというシステムで、その票を1番多く獲得したチームが栄光のNo.1「ご当地どんぶり」となる。故郷を応援する人はもちろん、近年のB級グルメブームの最先端の味を満喫したい人たちにも最適のイベント。ぜひ東京ドームを訪れて投票に参加して欲しい。

開催概要

開催日:2011年1月8日(土)~1月16日(日) 9日間
開催時間:10:00~20:00 ※11日(火)~14日(金)及び、16日(日)は18:00まで
開催場所:東京ドーム(東京都文京区後楽1-3)
入場料:当日券1,500円(前売り券1,200円) 特別観覧席付前売り入場券 2,000円(1/8,9,10,15,16 日別指定)
平日限定券1,000円(平日限定前売り券800円) イブニング券(1/8,9,10,15,16 土日祝日 16時以降会場窓口にて販売)
※すべて税込料金 小学生以下のお客様は無料

今年のご当地どんぶりNo.1が決定!

東京ドームにて9日間に渡って開催された「ふるさと祭り2011」。目玉企画の「第2回ご当地どんぶり選手権」も人気投票での順位が決定しました!昨年優勝した「白エビかき揚丼」は2連覇ならず。北海道利尻島の「うにめし丼」が堂々の優勝を獲得しました。 「東京は人が多くてビックリ。ぜひこれを機会に利尻島へ遊びに来てくもらえれば」とコメントを残し、誇らしげな笑顔で金箔丼を掲げました。 主な結果は以下の通り。

【上位入賞どんぶり】

■1位 うにめし丼(北海道)


■2位 白エビかき揚丼(富山)


■3位 鯛茶漬け(新潟県柏崎)


■4位 比内地鶏 親子丼(秋田)


■5位 がんこ漁師の熱めし丼 (大分豊後水道)

総勢20が対決!分け合って食べてもOK!

各地の祭りと名産品が東京に大集合!

「秋田竿燈まつり」「高知よさこい祭り」「沖縄全島エイサーまつり」などの元気と活気に満ち溢れた全国各地の祭りがまとめて楽しめるビッグイベント! 今年は新たに、石川県「飯田燈籠山祭り」、岩手県「盛岡さんさ踊り」、愛知県「犬山祭」が加わり、前回以上にふるさとの熱気と活気にあふれたステージが展開される。
祭り以外にも、食べて飲んで楽しめるブースが盛りだくさん! 2010年度の特別企画である「全国ご当地どんぶり選手権」を始め、「ご当地スイーツストリート」、各地の地ビールや地酒の出展等でお腹も満足すること間違いなし! スペシャルプロデューサーの小倉智昭さんも自信を持って勧める2011年の幕開けを飾るのに相応しいイベントだ。

ふるさとの話でついつい素が出る!?
記者発表会で方言バトル勃発!

本番の開幕に先駆けて、2010年12月8日に「ふるさと祭り東京2011」記者発表会が東京ドームで行われた。会場には、フジテレビアナウンサーの武田アナ(山形出身)を始め、生野アナ(福岡出身)、山崎アナ(岡山出身)が応援に駆けつけ、故郷の魅力をそれぞれの方言で紹介する……はずだったようだが、武田アナの山形弁の前に2人はタジタジ。そのまま、山形弁の独壇場になると思われたその時、満を持してスペシャルプロデューサーの小倉氏が登場! 本場の秋田弁で武田アナと故郷自慢の方言バトルを繰り広げ会場を盛り上げた。
その後、イベントの目玉企画のひとつである「全国ご当地どんぶり選手権」の出場者たちが入場。前回のNo.1ご当地どんぶりの座を手にした「白エビかき揚丼」の富山チームにより9日間に渡る長い戦いを”どんぶりマンシップ”でフェアに戦い抜くといった選手宣誓がされると、小倉氏やアナウンサーたちは、それぞれのお気に入りのどんぶりへ期待を込めたエールを送った。
最後に小倉氏が「ふるさとを持ってる人はふるさとの祭りと味を懐かしみに、ふるさとがない地元の方々は、このイベントでその日だけのふるさとの味を見つけに来て欲しい」と、誰でも楽しめる場であることをアピールして記者発表会は幕となった。
祭りの熱気、ふるさとの味、ご当地どんぶりの戦いと、「祭・味・戦」がまとめて楽しめる「ふるさと祭り2011」。小倉氏が方言バトルで熱く語ったふるさとへの思いがつまったイベントになることは間違いなさそうだ。ぜひ、東京ドームへ足を運んでそれを体感して欲しい。

「第2回全国ご当地どんぶり選手権」エントリーリスト

【北海道】うにめし丼

【北海道】これが標津のいくら丼

【北海道】帯広名物 豚丼

【岩手県】岩手牛スジもつ丼

【秋田県】比内地鶏親子丼

【宮城県】油麩丼

【神奈川県】Magukaru don

【神奈川県】小田原「魚」まぶし丼

【神奈川県】豚美めし

【新潟県】鯛茶漬け

【長野県】ごぼとん丼

【長野県】ソースかつ丼

【富山県】白エビかき揚丼

【石川県】能登丼

【和歌山県】紀州勝浦産生まぐろ 鮪中とろ力ツ丼

【島根県】寒シマメ漬け丼

【徳島県】阿波の鱧美人丼

【大分県】がんこ漁師の熱めし丼

【大分県】吉野とりめし とり天弁当

【鹿児島県】黒豚わっぜえか丼

「ふるさと祭り東京2011」の情報はこちら
第46回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会 攻略ガイド
ページトップへ戻る
PAGE TOP