このページは2014年1月のリニューアルよりも以前に掲載していた内容です
ぐるたび新聞
6月20日水曜日
注目記事

各地で住民向けイベント開催
(千葉県南房総市、新潟県佐渡市、茨城県大子町特集)

「食の都庄内」を「食の都山形」へ
(太田政宏さん)

ユーザー発信型の地域活性メディア誕生!

各地で住民向けイベント開催

南房総市「わがまちぐるめ再発見!交流会」 佐渡市「まちぐるみ まちぐるめ」説明会&試食会 大子町「まちぐるみ まちぐるめ」説明会&試食会

ネットワークは全国で1万人を突破!

5月末から6月上旬にかけて南房総市(千葉県)、佐渡市(新潟県)、大子町(茨城県)にて地域住民向けのイベントが実施された。「まちぐるみ」のネットワークが遂に全国で1万人を超えた今、これまで接点のなかった地域住民にも広く呼びかけていく。

5/25 南房総市(千葉県) さんが焼き、新じゃがと淡竹(はちく)の煮付けなど、食文化と地物食材を取り入れた「カントリーマム」の料理

町村合併で生まれた市 地域間交流はまだ少なく
-----

南房総市は、2006年に6つの町と1つの村が合併して生まれた。同じ房総半島の館山市を囲むように広がる230平方キロメートルの土地に… 続きを読む

食文化の意見交流会と試食を兼ねた懇親会
-----

「わがまちぐるめ再発見!交流会」と名づけれられたこのイベントは、5月25日(金)18時より、旧三芳村の道の駅「鄙(ひな)の里に…続きを読む

line
食文化による地域活性化を目指して

地域活性化と情報発信の価値
-----

ウェブサイト『ぐるたび』は、この度大きくリニューアルをいたしました。今回のリニューアルにともなって大きく進化したのは、情報発信を行う主体が「いまジモト」の方だけではなく「もとジモト」の方へと拡がったこと。そして、いつでも…

続きを読む

人の行動を左右する「情報」
-----

普段あまり意識することはないですが、我々は膨大な量の情報に取り囲まれ、そしてその過程をあまり意識することはありませんが、取捨選択を行い、その結果として何らかの行動を起こしています。…

続きを読む

局在する情報
-----

よく「インターネット時代は誰でも情報発信主体になれる」と評価されます。歴史的には情報発信主体になれるのは、為政者などの一部特権階級の権利と捉えられ、必然偏った情報が多かったといえます。こうした常識はここ数十年で…

続きを読む

地域活性化プロジェクト事務局
中井博胤

5/30 佐渡市(新潟県) 東京の「銀座みもざ」開発のふるさと応援みやげ「干し柿のタルト」と「パウンドケーキ

全国に先駆けて一般住民向けの説明会
-----

2012年2月に「ぐるなび食市場」での通信販売、5月には東京都内飲食店で「ふるさと応援メニュー」の提供がスタート… 続きを読む

もっと住民を呼びやすい切り口を模索
-----

これまでは“人が人を呼ぶ”方法で活動者の輪を広げてきたが、その多くが飲食業界関係者や生産者であるため、そうではない一般住民の取り組み… 続きを読む

6/1 大子町(茨城県) ゆば料理

地元での取り組みを知ってもらいたい
-----

「まちぐるみ まちぐるめ」の活動内容を伝えるプロモーションビデオの撮影地にもなった茨城県大子町。ここでも6月1日、大子町文化福祉会館「まいん」にて、地元住民… 続きを読む

大子の未来のためにもっと発信力を!
-----

住民によるパネルディスカッションは、各地で開催されている住民向け説明会では初の試み。パネラーには仕出し料理店を営む大森暢彦さん、宿泊施設経営の阿久津博さん… 続きを読む

「しまなみスイーツ教室2012」開催(愛媛県今治市)

「ケーキが食べたい」のニーズに応えて
-----

愛媛県今治市の大三島では5月24日、地域活性化プロジェクトの活動としてロールケーキ作りの教室が開催された。もともと島内には洋菓子店がほとんどなく、甘い物好きの女性を中心に「ケーキが食べたい」というニーズが日頃から存在していた…続きを読む

まちの垣根を越えた
住民同士のつながりも
-----

当日は参加者が4つのグループに分かれてケーキ作りに挑戦。30代から60代まで、幅広い世代の主婦らが時おり歓声を上げながらケーキ作りを楽しんだ。 続きを読む
参加者はみな楽しみつつも真剣な表情
完成した島いちごのロールケーキ
line
5月25日に開催された会合での試食会の様子 オレンジやレモンを使ったカステラ

ふるさと応援商品を新たにプロデュース
-----

湯河原では今、「ふるさと応援」商品の開発が進行中だ。これは、湯河原の食文化を代表する柑橘類などの食材を用いて、主に湯河原町内のホテルや和菓子店が製造するもので、湯河原の地域活性化プロジェクトメンバーが中心となりプロデュースに当たっている。続きを読む

湯河原の食文化とあらたな魅力を発信
-----

湯河原ホテル東横で開かれた5月25日の会合では、完成間近な開発商品の試食会が行われた。この日は、横浜市内から参加の「カステラ文(ぶん)」の石出さんがニューサマーオレンジ、レモンそしておからを使ったカステラを、湯河原の「ホテル眺望山荘」の小宮山料理長が… 続きを読む
「ふるさと応援」商品をプロデュース!(神奈川県湯河原町)
農業体験者の募集スタート!!(栃木県那須町)

栃木県那須町では、農地活性化プロジェクトの第1弾として、とうもろこし栽培を行う農業体験者の募集を開始した。これは、とうもろこし栽培がさかんな大谷地区に3ヘクタールの畑を用意し、大谷開拓農協のバックアップのもと、初心者でも本格的な農業の… 続きを読む

農業体験者大募集!
各地の会合&イベント情報

◆千葉県南房総市

「第2回まちぐるみ試食会」
6月27日(水)
18:00~19:00
会場:滝田公民館
内容:まちぐるみの商品として提供・販売する「夏用商品」の選定を行う。

◆茨城県大子町

「ふるさと応援料理教室 in 大子」
6月24日(日)
11:00~12:30、13:30~15:00
会場:味の浪漫亭(「袋田温泉旅の思い出浪漫館」館内レストラン)
内容:東京からシェフを迎え大子の食材を使ったメニューの講習会を行う。

◆栃木県那須町

「なすラボ!第2回討論会」
6月29日(金)開催時間調整中
会場:那須町内で調整中
内容:「まちぐるみ まちぐるめ」についての住民向け説明会。
問い合わせ:ぐるたび地域活性化プロジェクト事務局
フリーダイヤル:0120-61-9672

「食の都庄内」を「食の都山形」へ 太田政宏さん(山形県酒田市)
庄内の食文化の第一人者、太田政宏シェフ

東京のレストランから
酒田のレストランへ
-----

神奈川県出身の太田政宏さん(69)がフランス料理のシェフとして山形県酒田市に足を踏み入れたのは25歳の時。続きを読む

酒田人の「食」意識をもっと底上げしたい
-----

現在、太田さんのレストラン「ロアジス」は、ランチタイムなど1時間待ちになろうとも入り口前に並べた椅子がすべて埋まるほどの人気ぶり。続きを読む

ユーザー発信型の地域活性メディア誕生!!

地元愛を育て「ジモトも」とつながる楽しさ

ぐるたびのサイトが
リニューアル!-----

これまで「地元が食べてるうまいがわかる」をテーマにしたWebサイトとして、郷土料理やご当地B級…続きを読む

「ジモトも」と
地元愛を育てる楽しさ-----

「地元応援団」としてMyページを作る際、最大3つまで「地元」が登録でき、この「地元」は出身地に限らず…続きを読む スマートフォン専用アプリは6/28登場予定! WEBサイトのリニューアルにともない、投稿機能に特化したスマートフォン専用アプリの開発も大詰め…続きを読む
「ぐるたび」を使って今日からあなたも情報発信
全国各地の「まちぐるみ」をすすめるみなさん

庄内(山形県)

  • 叶野幸喜さん叶野幸喜さん
  • 渡部亘晴さん渡部亘晴さん
  • 船見里さん船見里さん
  • 太田政宏さん太田政宏さん
  • 遠藤克敏さん遠藤克敏さん
  • 佐藤東一さん佐藤東一さん
  • 片倉 忠直さん片倉 忠直さん
  • 三浦成希さん三浦成希さん
  • 小野寺紀正さん小野寺紀正さん
  • 三井圭子さん三井圭子さん
  • 川上祐士さん川上祐士さん
  • 工藤祐吉さん工藤祐吉さん
  • 高田研一さん高田研一さん
  • 秋葉明彦さん秋葉明彦さん
  • 金貴子さん金貴子さん
  • 佐野洋一さん佐野洋一さん
  • 加藤優さん加藤優さん
  • 加藤芳さん加藤芳さん
  • 柿崎裕さん柿崎裕さん
  • 奥山桂子さん奥山桂子さん
  • 奈貴喜照さん奈貴喜照さん
  • 広瀬順一さん広瀬順一さん
  • 佐藤徹さん佐藤徹さん

line

南房総(千葉県)

  • 御子神淳さん御子神淳さん
川名義人さん 小藤田康則さん 川崎祐一さん 鈴木智子さん 坂本幸満さん 荒井洋子さん 渡辺登喜雄さん
見月聰さん 三宅一夫さん 込山敏郎さん 渡邉栄子さん 高梨祥治さん 青木美由紀さん 小澤利夫さん
吉野良太郎さん 小早川晶治さん 吉野正樹さん 小澤千賀子さん 鈴木直一さん 小澤和子さん 坂本敦子さん
石井あき江さん 目時初枝さん 小澤久男さん 小西利昌さん 穂積八重子さん 渡邉貴司さん 高山信吾さん
谷貝義朗さん 高木茂行さん 新堀隆義さん

佐渡市(新潟県)

  • 中村広志さん中村広志さん
  • 坂下好則さん坂下好則さん
 
PAGE TOP