このページは2014年1月のリニューアルよりも以前に掲載していた内容です

「ふるさと応援」の輪広がる

「永福」店主 小玉永二さん

「ふるさと応援メニュー」3エリアでスタート

各地に根付いた食文化を"食べて守る"をコンセプトとした「ふるさと応援メニュー」の取り組みが、9月5日(水)より大子町(茨城県)、南房総市(千葉県)、佐渡市(新潟県)で一斉にスタートした。地方での展開が初となる今回、各地の参加店および生産者の方々の声をお届けする。記事を読む

茨城県大子町(参加店舗数47) 奥久慈しゃも生産組合 理事 高安正博さん

大子町の「ふるさと応援メニュー」で最も多く使われている食材が「奥久慈しゃも」だ。大子の町おこしのために誕生したのが約30年前。奥久慈しゃも生産組合理事の高安正博さんは「やっとここまできたというのが正直な感想」と感慨深げ。「奥久慈しゃもを… 続きを読む

line
食文化による地域活性化を目指して

地元のソフトウェア
-----

前回は「食文化の旅」を想起する人の気持ちを、「世界遺産」を守る気持ちになぞらえて紹介しました。世界遺産を例に挙げたのは…

続きを読む

地元学(じもとがく)
-----

「地元学」の発展に寄与した吉本哲郎は、地元学の実践にあたっての基本を次のように紹介しています。…

続きを読む

地域固有の思想を探して
-----

地元学で明らかにしたいことの一つは「地域の固有の思想」です。これは、地域で大事にしてきたことを知ることで明らかにします。…

続きを読む

地域活性化プロジェクト事務局
中井博胤

千葉県南房総市(参加店舗数35) 「海辺の宿政右ヱ門」代表 堀江洋一さん

海、山、里の幸に恵まれた南房総市の中でも、日本で唯一"料理の神様"を祭る神社があることで知られる千倉町。40年続く民宿『政右ヱ門』の代表・堀江洋一さんは、食を通じた地域活性化に熱心に取り組む1人だ。
「母からこの宿を継いで20年になりますが、ここで提供するのは"家"の料理です。お客さんは郷土料理や… 続きを読む

東安房漁協組合 営業係長 鈴木康雄さん

南房総の食文化でも代表的なものに、アワビ、サザエといった貝類が挙げられるが、これらは今も、海女さんの伝統漁法に支えられている。東安房漁協組合の営業係長・鈴木康雄さんによると「安定した収穫量確保という課題のためにも、海女さんたちは重要な役割を果たしている」という。具体的には、卵から孵化させた稚貝を、貝が… 続きを読む

新潟県佐渡市(参加店舗数35) 「魚処かすけ」店長の須田憲太さん(右)と、料理長の須田恭太さん(左)

全国各地で進む「まちぐるみ まちぐるめ」の取り組みが、いち早くスタートしていた佐渡。住民のための説明会(試食会)、東京の飲食店で佐渡の食材を使った「ふるさと応援メニュー」の提供、そして「ふるさと応援料理教室」の開催など、多くの施策が佐渡を皮切りに実施されてきた。そこには、全盛期に120万人超…続きを読む

「応援メニュー」キャンペーン実施中

ぐるたびでは、「ふるさと応援メニュー」の提供店および宿泊施設にて、利用客向けキャンペーンを11月末まで実施中だ。地域活性化の取り組みを紹介し、気軽に参加してもらうことが目的で、地域・店舗で差はあるものの、事務局には応募用紙が…続きを読む

湯河原の「ふるさと応援商品」販売開始!神奈川県湯河原町
各地の食文化を自宅にいながら気軽に「食べて守る」方法として、お取り寄せサイト「ぐるなび食市場」での通信販売がある。
8月26日には、佐渡(新潟)、南房総(千葉)、今治(愛媛)に続く4つめのエリアとして、湯河原(神奈川)のサイトがオープンした。店舗名は「旅のとびら湯河原・真鶴 ぐるなび食市場店」。取扱商品の多くは、地域活性化プロジェクトメンバーが開発した商品で、スイーツ、調味料、魚介類、豆腐・大豆製品の4種類が販売中だ。記事を読む
「旅のとびら 湯河原・真鶴 ぐるなび食市場店」
特製豆乳と湯河原の柑橘ジャムを使った「生クリームジャムどら焼き」
とうふ・生ゆば専門店「十二庵」の詰め合わせセット
ペンションに新鮮な野菜をお届け!那須のお届けマルシェ(栃木県那須町)

那須では、若手生産者によって栽培された新鮮な野菜を、近隣のペンションへ配送する取り組みが実施されている。発案者は、那須の地域活性化プロジェクトメンバーでもある浜津伸生さんだ。
「3年ほど前に、那須で新規就農を希望する若者たちとそれぞれ知り合い、彼らの人脈づくりになればと、声をかけて引き合わせたんです。初めの1~2年は皆、作付けから収穫することで頭がいっぱいでしたが… 続きを読む

「ふぁーまーずマルシェ」の発案者「那須高原HERB's」の浜津伸生さん(左)と、生産者の菊池佳幸さん
各地の会合&イベント情報

◆ 茨城県大子町

「ふるさと応援通販サイト」開店
10月中旬
内容:「まちぐるみ まちぐるめプロジェクト」の一環としてスタートしている「ぐるなび食市場」でのネット通販に、大子の商品が加わり販売…続きを読む

◆ 新潟県佐渡市

「ふるさと応援料理教室 第5回」
10月7日(日)
10:30~12:30
会場:伝統文化と環境福祉の専門学校
内容:日本橋「ゆかり」の野永喜三夫さんを講師に迎え、日本料理を学ぶ。…続きを読む

◆ 栃木県那須町

「第2回 那須朝市」
10月27日(土)
7:00~13:00
10月28日(日)
7:00~13:00
会場:Hunbuger Cafe UNICO駐車場
内容:6月に実施し、大盛況だった朝市の第2回。地元生産者の野菜を…続きを読む

問い合わせ先:ぐるたび地域活性化プロジェクト事務局
フリーダイヤル:0120-61-9672

イベントアルバム このコーナーでは、各地で行われた会合やイベントの様子をご紹介します。

ふるさと応援料理教室
(新潟県佐渡市)
-----

8月25日(土)、佐渡では3回目となる「ふるさと応援料理教室」…続きを読む
「トマトの蜜煮」で、レモンを絞って手伝う子どもたち 盛り付け途中の「いごねりの滝川豆腐風」 講師を務めた「露庵」の金田正人さん
line 講師に教わりながら魚をさばく大三島分校生

地元の魚で料理講習会
(愛媛県今治市)
-----

7月25日(水)、今治北高等学校大三島分校にて、地元の魚を使った料理の講習会が開催された。…続きを読む
line

スイーツ作り教室(愛媛県今治市)
-----

8月23日(木)、今治市大島で2回目となる「スイーツ作り教室」が開催された。島内には洋菓子店が…続きを読む 子供たちも多数参加し、親子でロールケーキ作りを楽しんだ
line

ふるさと応援料理教室(茨城県大子町)
-----

8月26日(日)には、大子町で2回目となる「ふるさと料理教室」が、講師を務めた菊池美佳さんのお店「リュタン」で開催された。この日参加者が教わったのは、「奥久慈米のサラダ」…続きを読む
シェフのデモンストレーションで6品が完成 会場入口では、「さより農園」の野菜を販売するマルシェを開催 会場となった「リュタン」オーナーシェフで講師の菊池さんと参加者のみなさん
line 開催中の様子

湯河原ぶらん市
(神奈川県湯河原町)
-----

8月26日(日)、駅前通り名店街のイベントに、湯河原の地域活性化プロジェ クトが「旅のとびら」名義で初めてブース出店した。オリジナ…
続きを読む
世界に誇れるリンゴを作り続けたい 工藤昌弘さん(青森県弘前市)
まさひろ林檎園 工藤昌弘さん 青森県弘前市と言えば、リンゴの生産量日本一を誇るまち。リンゴが弘前の産業と文化の振興に貢献する一方で、他の地域の農業と同様に生産者の高齢化や…続きを読む

運送業での15年を経てリンゴ農家の道へ
-----

「祖父や父親の苦労する姿を見ていたので、若い頃は絶対に農家を継がないと…続きを読む

弘前のリンゴの本当の美味しさを
-----

工藤さんのリンゴ園では、年間約40tものリンゴが出荷される。20kgのリンゴが…続きを読む
line 美味しい「食」は人を呼ぶ。故郷の「食」に誇りを 手塚太一さん(山形県鶴岡市) 手塚商店 手塚太一さん

故郷で海産の世界へ
-----

「東京の大学を卒業後、一度は就職したのですが、結婚するために故郷の鶴岡に戻って来たのが18年前のことです」と語るのは、山形県鶴岡市で家業の海産物卸業…続きを読む

「食」は人を呼ぶ
-----

「現代人の魚離れは、残念ながら庄内も例外ではありません。魚離れの要因として、骨を取るのが面倒だからとか、共働きが増えて家庭での調理時間が短くなり、魚が調理されなくなっていることなどがあります。さらに鶴岡は、人口に対して…続きを読む
スペシャルインタビュー 慶應義塾大学医学部・医学研究科 内科学教室腎臓内分泌代謝内科教授 伊藤 裕先生 京都で生まれ育ち、1983年の京都大学医学部卒業後も、京都大学医学部助教授として活躍されていた生粋の京都人。現在、慶應義塾大学医学部教授として…続きを読む

関西と関東の食文化
-----

私は生まれも育ちも京都。京都大学医学部を卒業した後も、京都大学に勤めていたので、京都の味が私の味覚となっています。ですから、慶應義塾大学の教授…続きを読む

量より味を大切に
-----

私の専門は糖尿病や高血圧など、肥満に伴うメタボリック・シンドロームが引き起こす生活習慣病です。肥満と関連した疾患の患者さんと接するなかで、「味がわかる人」のほうが…続きを読む

食文化と私 第5回「小樽人の食文化」山木祥生さん(北海道小樽市) 私は小樽で生まれ育った昭和32年生まれの55歳です。小樽ならではの食文化と言われても、これといったものがすぐには浮かびません。ただ、小樽港は北前船の寄港小樽信用金庫勤務、おたる案内人マイスター 山木祥生さん地として栄え、北海道の流通の玄関口として、当時まだ入手しずらかった砂糖が手に入ったり、"あずき将軍"と呼ばれ小豆で財を成した商人もいたほどでした。それらを材料に、あんころ餅や草餅などを作り、港の人夫さんたちが労働の合間に食べるようになったそうです。腹持ちが良く…続きを読む

PAGE TOP