2014年1月15日 ぐるたびリニューアル!「食べに行きたい」を後押しする 観光や飲食店情報も発信可能に

食限定の情報から地域情報へ

2012年6月のリニューアルから1年7カ月。2014年1月15日、ぐるたびが再リニューアルを果たした。
投稿情報がメーンとなるサイト機能は継続しつつ、地元の魅力を「食」で発信することに特化してきたこれまでとは大きく異なり、観光スポットやイベント、地元の人おすすめのグルメが食べられる店舗情報についても、ユーザーによる投稿が可能となる。

食べに行くきっかけを提供したい

ぐるたびは「食」に特化した豊富な情報を発信することで、珍しいネーミングのご当地グルメや、話題の郷土料理などユーザーが知りたい情報を検索した際、上位表示されるサイトとしての強みがある。一方で、知りたい情報を閲覧したユーザーがその直後に離脱してしまう記事を読む

口コミ投稿をダイレクトに反映させて「何がある?」「行ってみたい」を実現

わかりやすく楽しい新機能を追加

ご当地情報の検索方法はグーグルマップを利用したマップ機能の追加で、目的地周辺の情報が見やすくなった。詳細エリアページには地元の観光スポットや、人気の飲食店が表示され記事を読む

スマートフォン用サイトも新しく

ぐるたびのスマートフォン専用サイトも、同時にリニューアルした。PCサイトと同じトーンへのデザイン変更はもちろんのこと、地域のイベント、スポット情報の閲覧機能を追加。記事を読む

新しくなった「ぐるたび」TOP画面イメージ新しくなった「ぐるたび」TOP画面イメージ

2分でわかる! ぐるたびリニューアル3大ポイント

企画担当者に企画背景をインタビュー

今回のリニューアルで企画に携わってきたスタッフ・鴻野に、リニューアルに込めた思いや苦労した点について語ってもらった。

Q. 今回のリニューアルで最も実現したかったことは?

もっと「見たい」「使いたい」と思ってもらえる楽しいサイトにすることです。そして、より使いやすいと感じていただけるよう、前回のリニューアルでいただいたご意見を少しでも多く反映できるよう記事を読む

Q. 今回のリニューアルにかかった期間は?

実は、最初の企画を立案したのは2011年の10月頃です。口コミ投稿機能を追加した前回のリニューアルが2012 年6月なので、その半年以上前から食以外の情報も加えたいと考えて記事を読む

Q. 「ぐるたび新聞」の読者のみなさんに伝えたいことは?

ぜひ新しくなったご自身の地元ページをご覧になってみてください。そして、そのページに積極的に口コミ投稿をお願いいたします。「地域活性化は情報の時代」と言われています。その傾向は今後ますます記事を読む

リニューアル記念キャンペーンを実施中

今回のリニューアルを記念し、1月15日から3月末までの期間、4つのキャンペーンを用意。総額50万円のプレゼントが当たる大型キャンペーンとなっており、その内容はいずれも「ぐるたび」サイトを閲覧したり、活用することが応募の条件となっている。…記事を読む

【キャンペーン①】
一番のり!口コミ投稿しよう!

【キャンペーン②】
アプリをダウンロードして画像投稿しよう!

【キャンペーン③】
地元のご当地情報に投稿して地元ランクを上げよう

【キャンペーン④】
新しいぐるたびでキーワードを探せ!

「和食」の無形文化遺産登録を祝って

和食文化の保護・継承プロジェクト応援サイト「おいしい和食を世界に!未来に!」

昨年12月4日に「和食 日本人の伝統的な食文化」が無形文化遺産に正式登録されたことを受け、株式会社ぐるなびでは和食文化の保護・継承プロジェクト応援サイト「おいしい和食を 世界に!未来に!」を本格的にリニューアル開設した。また、これに合わせて一般社団法人 全日本・食学会と共同制作した祝賀ムービーを公開。この動画には『京都 菊乃井』の主人・村田吉弘氏記事を読む

『菊乃井』主人・村田吉弘氏らが出演する祝賀ムービーを公開中 『菊乃井』主人・村田吉弘氏らが出演する祝賀ムービーを公開中

NTTドコモとのサービス連携が拡大

「dトラベル」

NTTドコモがスマートフォンおよびタブレット向けに提供している「ドコモ地図ナビ」の二つのアプリが昨年12月16日にキャリアフリー化を果たし、ドコモ以外のユーザーも無料で利用することが可能となった。そのうちの一つ「ご当地ガイド」アプリには、これまでもぐるたびがグルメ情報を提供してきており、今回連携を拡大する形でのリニューアルも実施された。…記事を読む

特別企画 ぐるたび掲載ご当地グルメ 年間アクセス数ランキング2013

1位「活き鯛飯」 1位「活き鯛飯」
3位「とり天」 3位「とり天」 4位「ネコの舌」 4位「ネコの舌」

ここでは新年特別企画として、ぐるたびに掲載されているご当地グルメのうち、昨年一年間で最もアクセス数の高かったトップ20をご紹介。全体的な傾向としては、昨年の「ご当地ラーメングランプリ」で優勝した「亀山ラーメン」を筆頭に4種のラーメンがランクインしているほか、グルメイベントで注目を集めたB級グルメ、ユニークなネーミングのお菓子がアクセスを伸ばす結果となった。
第1位には愛媛県の「活き鯛飯」。南予地方の海賊が敵に見つからないよう煙を出さずに調理したことが始まりと言われる。…記事を読む

6位「高島とんちゃん丼」 8位「元祖博多めんたい重」 10位「呼子いか」 12位「どじょうすくい饅頭」 17位「名古屋トップ3弁当」
ぐるたび年間アクセス数TOP20
1位 活き鯛飯(愛媛県) 鯛の刺身と生卵、醤油をかき混ぜご飯にかける瀬戸内の郷土料理。
2位 四日市とんてき(三重県) グルメイベント入賞により地域活性化にも貢献している四日市名物。
3位 とり天(大分県) 鶏肉の消費量が全国第1位の大分県を代表するご当地グルメ。
4位 ネコの舌(静岡県) 熱海の菓子店『三木製菓』が製造販売する細長い楕円形の焼き菓子。
5位 亀山ラーメン(三重県) 「ご当地ラーメングランプリ2013」をきっかけに生まれたご当地ラーメン。
6位 高島とんちゃん丼(滋賀県) 白いご飯の上に「とんちゃん」と呼ばれる鶏の唐揚げを乗せた丼。現在提供休止中。
7位 ほていやの蒸しパン(静岡県) 熱海市にある昭和22年創業の老舗パン店「ほていや」の看板商品。
8位 元祖博多めんたい重(福岡県) 特製ダレに漬けた明太子を1本丸ごと使った人気急上昇のお重。
9位 熱海網代 イカメンチ(静岡県) 網代港周辺で水揚げされるイカ、アジ、サバ等を使ったつみれ。
10位 呼子いか(佐賀県) 唐津市を代表する特産物。様々な種類のイカが水揚げされている。

食文化マメ知識拡大版/第7回富山県/三方の山と海に囲まれ豊かな食文化が発展

北陸3県の中で最も北に位置する富山県は、日本海に面する富山湾の豊富な海の幸で知られ、伝統的なブリ定置網漁、日本唯一の群泳海域のあるホタルイカ漁、白エビ漁など他県にない特色を持つ。北前船の寄港地であったため、北海道から運ばれた昆布を食する文化が定着。また、三方が山に囲まれていることから名水の記事を読む

ます寿司 ます寿司
高岡コロッケ 高岡コロッケ
昆布を使った料理 昆布を使った料理
富山ブラックラーメン 富山ブラックラーメン
かまぼこ かまぼこ
寒ぶり 寒ぶり

今月のぐるたび ニュース&トピックス

第19回ふるさと応援料理教室(新潟県佐渡市)

完成した料理を前に記念撮影 旬の牡蠣料理に挑戦 下処理を施した牡

佐渡の「ふるさと応援料理教室」も今回で第19回。12月17日(火)、市内の「真野ふるさと会館」にて『ビストロ リハチ』の高崎利八シェフを講師に迎え、2013年最後の「ふるさと応援料理教室」が開催された。クリスマスが近い時期ということもあり、今が旬の「牡蠣」をメイン食材にしたフレンチベースの華やかな料理がラインナップ。この日はまず、塩を加えた熱湯で湯がく牡蠣の下処理方法のレクチャーからスタート。塩水か大根おろしで洗って汚れを取り除く方法が一般的だが。… 記事を読む

ふるさと祭り東京2014 記者発表レポート

くまモン、ふるさと祭り公式キャラクター「たいりょうほうさくクン」も加わりフォトセッション

去る12月17日(火)、東京都豊島区の「東京ドーム」にて、1月10日(金)〜19日(日)に開催の「ふるさと祭り東京2014」の記者発表会が実施された。

「どんぶり選手権」前回優勝の「鯛茶漬け」を試食 今回で6回目を迎える当イベントは、回を追うごとに規模が拡大。今年は青森県の「八戸三社大祭」、埼玉県の「秩父夜祭」など全国の有名な祭の山車が東京ドームという大舞台に集結。ぐるたびでも紹介している「全国ご当地どんぶり選手権」のほか記事を読む


各地の動き&イベント情報

◆ 新潟県佐渡市

第20回 ふるさと応援料理教室 in佐渡
2014年1月20日(月)
10:30~13:00
会場:トキのむら元気館
(佐渡市新穂瓜生屋362-1)  記事を読む

◆ 秋田県秋田市

秋田美人ご膳
2014年3月31 日(月)まで開催中
場所:秋田市内の参加店35店舗にて
ぐるたび「秋田美人グルメ」特設ページ
 記事を読む

◆ 千葉県柏市

ぐるなび食市場グルメサミット
2014年1月22日(水)~27日(月)
場所:柏タカシマヤ T館地下2階催事場
(柏市末広町3-16)
 記事を読む

PAGE TOP